【会社設立後の手続き】労働基準監督署に届け出る書類とは?その2

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

a0002_011008

前回は労働基準監督署に届け出る書類のうち、労災保険について説明しました。

【会社設立後の手続き】労働基準監督署に届け出る書類とは? | 司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

今回は実際に労働基準監督署に提出する書類について細かく見て行きましょう。


労働基準監督署に書類を提出する

労災保険の加入に必要な書類

以下のものが必要になります

  • 労働保険 保険関係成立届(労災保険)
  • 労働保険 概算保険料申告書(労災保険・雇用保険の保険料手続き)

前回も書きましたが、

  • 加入・給付手続きについて、労災保険は労働基準監督署、
  • 雇用保険はハローワーク

になりますので注意してください。

保険料手続きについては、労災保険・雇用保険とも労働基準監督署に行います。

 

労働基準監督署に提出する期限と添付書面は?

労働保険 保険関係成立届

労働者を雇ったとき必要になります。

添付書面は、登記事項証明書、事業の所在地が登記上の所在地と異なる場合は賃貸借契約書のコピーが必要です。

提出期限は、労働者を雇い入れた日の翌日から10日以内です。
 

労働保険 概算保険料申告書

これも労働者を雇ったときに必要となります。

添付書面は特段いりません。

提出期限は、労働者を雇い入れた日の翌日から50日以内です。
 

労働保険 名称・所在地変更届

届け出ている会社名や会社住所が変わったときに必要となります。

添付書面は、登記事項証明書、事業の所在地が登記上の所在地と異なる場合は賃貸借契約書のコピーが必要です。

提出期限は、変更があった日の翌日から10日以内です。


まとめ

前回に引き続き、労働基準監督署に提出する書類について書きました。

2点ほど補足しておきます。

まず、労災保険ですが、労働者一人ひとりについて加入手続きはいりません

また、保険料の申告・納付は原則として年1回となります。

以上で、労働基準監督署に届け出る書類について終わりにします。

次回は、ハローワークに提出する書類について書きます。


今回もご覧いただきありがとうございました。
感想を聞かせていただけると嬉しいです!

 

最新 起業から1年目までの会社設立の手続きと法律・税金

須田 邦裕,出澤 秀二 日本実業出版社 2012-10-19
売り上げランキング : 42093

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ