東武東上線ダイヤ改正 川越特急登場!かなり変わっている2019.3.16のダイヤ改正!

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 鉄道大好き司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

鉄道日記ブログ。

2019年3月16日東武東上線のダイヤ改正が行われました。

早速「東武時刻表」を購入し眺めていると面白いダイヤを発見!

今回も個人的感想も含め紹介していきます。

2019年3月16日の東武東上線のダイヤ改正

今回の東武東上線のダイヤ改正の概要

今回の東武東上線のダイヤ改正の概要は以下のとおりです。

・新種別「川越特急」の登場
・TJライナーの増発・座席指定制の導入
・土休日の一部副都心線の直通電車が小川町まで延長

東武東上線の今回のダイヤ改正は、意外と大掛かりなものだと感じました。

新種別「川越特急」が登場

今回の東武東上線のダイヤ改正で一番の目玉ともいえる内容がこれ。
「川越特急」の登場!

新たな種別の登場で、東武東上線は川越の観光のアクセスの良さを売りにしたいのでしょう。
池袋から川越まで26分で結ぶのも魅力です。

今後は本数を増やしてもらいたい、どんどんアピールしてもらいたいです。

その裏で「川越特急」の登場で、Fライナーが一部削減。

森林公園行の急行が川越市行の各駅停車になり、朝霞台で川越特急に接続するダイヤとなりました。

また、下りは川越市で先に発車した池袋発森林公園行急行に接続するダイヤになります(平日の一部を除く)

また快速も「川越特急」の登場で減便となります。

面白いのは、土休日、川越特急の登場で上りに志木始発の準急池袋行が登場したこと。

志木発16時34分発の列車番号3500です。

志木始発の準急が設定されるのは今回はじめてではないでしょうか。

副都心線の直通電車が土休日小川町まで延長!

これも大きなダイヤ改正の一つ。

土休日の朝、東急東横線・副都心線からの直通電車で快速急行森林公園行が運転されていました。

森林公園行は森林公園で小川町行に接続。
小川町まで行くのに乗り換える必要がありました。

今回のダイヤ改正で副都心線へ乗り入れる東武東上線の快速急行は小川町行に変更。

小川町まで乗り換えずに行くことができて便利になりました。

小川町で折り返しはFライナー急行元町・中華街行となります。

この電車は森林公園で快速急行池袋行に接続するダイヤになります。

小川町始発のFライナーが登場するアナウンスはあまりされていませんが、これも大きな改正点と言えるでしょう。

まとめ

東武東上線は上記の他にもTJライナー増発と座席指定制の導入、川越市行の最終電車繰り下げなど、かなり大掛かりなダイヤ改正となりました。

当分東武東上線のダイヤ改正はないと思われます。

今回は
『東武東上線ダイヤ改正 川越特急登場!かなり変わっている2019.3.16のダイヤ改正!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

TJライナー増発に関する記事はこちら

2019年3月16日は東京メトロ東西線でもダイヤ改正が行われました。こちらの投稿も御覧ください。

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ