我孫子駅「弥生軒」 あの有名画家も働いていた店でビックな唐揚げそばを堪能! 【司法書士・行政書士のグルメ日記】

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

私のグルメ日記ブログは、ランチで1,000円以下で美味しく食べることができる店を紹介しています。

ときどき1,000円を超えてしまうこともありますが・・・

今回紹介するのはなんとホームにある立ち食いそば屋

でも、ビックな唐揚げそばを堪能できることで有名なんです。

我孫子駅「弥生軒」 あの有名画家も働いていた店でビックな唐揚げそばを堪能!

あの有名画家も働いていた「弥生軒」

常磐線我孫子駅にある「弥生軒」

どこにでもある駅の立ち食いそばの店ですが、じつはあの画家の山下清氏が働いていた店なのです。それだけでも、他の立ち食いそば屋と差別化を図れますね。

「弥生軒」名物「唐揚げそば」に舌鼓!

正直、そばはどこの立ち食いそば屋と変わらない味わい。

しかし弥生軒の立ち食いそばの名物は何と言っても「鳥の唐揚げ」

「唐揚げ」に注文した人は相当びっくりするでしょう。

1個の大きさが半端ない!

唐揚げ1個でお腹いっぱいに・・・コスパの高い立ち食いそばです。

「唐揚げ」をそのまま食べてもそばつゆに浸しても・・・

こんなに大きな唐揚げ、店内で作りおきされていて冷めています。

でも冷めていてもジューシーさは変わらず美味しいです。

このままでも美味しい唐揚げをさらに、そばつゆに浸しながら食べるとまた違った味わいに。

何だか唐揚げがあたたまり、汁をうまい具合に吸ってくれる。

この食べ方も乙ですね!

ちなみに唐揚げそばの値段は400円。
ダブルだと540円ですが、2個食べてしまうと結構なボリュームになってしまいます。

まとめ

我孫子駅にある「弥生軒」の「唐揚げそば」

正直そばは至って普通ですが、唐揚げが入るだけでここまで変わるのかという感じがしました。

また行く機会があれば行きたい店です!

今回は
『我孫子駅「弥生軒」 あの有名画家も働いていた店でビックな唐揚げそばを堪能!』
に関する内容でした。

 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ