小田急ロマンスカー新型車両「70000形」2018年春誕生! 複々線完成契機に変化か?【江戸川区葛西司法書士の鉄道日記】 

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

久々の「司法書士鉄道日記」


東京と箱根や江ノ島を結ぶ小田急。


いま複々線工事まっしぐら、
2018年春に完成します。


完成すると朝ラッシュ時の混雑の緩和が
期待され、所要時間も短縮されるとのこと。


そして、2018年春に、特急ロマンスカーに
新型車両が登場
するようです。


2018年春、小田急ロマンスカーに新型車両が登場!


新型車両は展望車付きの車両


現在小田急ロマンスカーは

  • 7000形LSE
  • 30000形EXE
  • 50000形VSE
  • 60000形MSE

の4形式があります。


そこに新たに70000型の新型車両が
登場します。


展望車のついた7両固定編成のボギー車で、
ロマンスカーの伝統が残る形になります。


コンセプトは

「箱根につづく時間(とき)を 
優雅に走るロマンスカー」

とのこと。


このコンセプトを見る限り、通勤輸送
より観光を意識した特急車両
になりそう
です。


30000形EXEもリニューアル


箱根や通勤輸送に使われている30000形
EXE。


こちらも70000形誕生に合わせて、
リニューアルされるようです。


登場から結構な年月が経過しており、
時代のニーズに合わせる更新がされるの
でしょう。


リニューアル後は「30000形EXEα」
なります。


一方で残念なお知らせも・・・


小田急のニュースリリースを見ると
2018年には、7000形は廃車になってしまう
ようです。


展望車両で人気があっただけに残念です。

051

まとめ

2018年春を境に小田急は大変貌を遂げる
可能性があります。


複々線の完成を契機に新たなチャレンジ。


今度の特急ロマンスカーの新型車両登場も
その一環でしょう。


私の予想ですが、千代田線直通の各駅停車
もできそうな気がしますが・・・


小田急はしばらくは目が離せないかも
しれませんね。


参考記事

小田急ホームページ


参考書籍

小田急今昔物語

生方良雄 戎光祥出版 2014-11-21
売り上げランキング : 146946

by ヨメレバ

ブログに載せられなり実務の情報も満載!
日々の思っていることを書いている
「司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!」
メルマガ登録登録はこちらから!   

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ