うまくコミュニケーションを図る雑談とは?『話がいまいち盛り上がらないと悩んでいる人が知っておきたい雑談の心理術』 【司法書士の読書日記2016年17冊目】

東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


2016年17冊目、今回紹介する本は、
『話がいまいち盛り上がらないと悩んでいる人が知っておきたい雑談の心理術』
(松橋良紀著)

話がいまいち盛り上がらないと悩んでいる人が知っておきたい 雑談の心理術

松橋 良紀 KADOKAWA 2016-04-21
売り上げランキング : 19804

by ヨメレバ


この方にこの本はオススメ!


人を相手にしている仕事についているが、
いまいちうまくいっていない。


何が足りないのだろう?


そのような悩みを抱えているあなたに
オススメの本。


もしかしたら◯◯がうまくいけば、
事態は好転するしれない。


コミュニケーションがうまくいくコツ、それは「雑談」


雑談


あなたがこの言葉でイメージすることは
何か?


雑談は、時間の無駄、
もしくは商談とかの要件が終わった後に
するものだと思っている方もいるだろう。


文章を書くのであれば、
最初に結論から書くのがいいが、
コミュニケーションはそうはいかない。


雑談をすることで、コミュニケーションの
円滑化を図ることができるのだ。


雑談することの大切さを
この本で詳細に説明してある。


相手と付き合いが上手くいかない
そう悩んでいるあなたに、
ぜひこの本を読んでいただきたい。


あなたの雑談に対する考えが変わるかも?


最初にも書いたが、
この本を読むことで雑談に対する
考えが変わるだろう。


私はこの本を読み始めた時、
「雑談」についてコミュニケーションを
図る上で重要だと思っていなかった。


しかし、この本を読んで「雑談」の大切さに
大いに反省させられた。


やっぱり「雑談」こそが
人とのコミュニケーションを図る
最善のツールだと。


思わず納得してしまった内容である。

 

雑談できればいいかという問題も・・・


では「雑談」だけできればいいのか?


やはりその場に応じた雑談ができなければ
意味は無い。


下手すると相手のことを思いやらないこと
にもつながってしまう。


この本ではNLPを用いた効率のよい雑談の
方法が盛り沢山。


事例も多く紹介されているので、
自分に当てはめて使うことも可能。


ビジネスの場面だけでなく、日常生活でも
使える内容が盛り沢山。


なぜこの人とうまくいかないのだろう
そう思う方にもぜひこの本で解決の糸口を
掴んでもらいたい。


NLPを用いた手法が多く書かれているが、
もしかしたら、それに関連する本や
著者のその他の本を読んだほうが、
理解が深まるかもしれない。

写真 2016-04-27 21 39 40

まとめ


とにかく、コミュニケーションで
悩んでいる方にはぜひ手にとって欲しい。


雑談がこんなに大事なものだと
読んで感じるだろう。


私も、この本でさらに相手のことを考え
うまくコミュニケーションを図れるよう
努めたい。

話がいまいち盛り上がらないと悩んでいる人が知っておきたい 雑談の心理術

松橋 良紀 KADOKAWA 2016-04-21
売り上げランキング : 19804

by ヨメレバ

司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!メルマガ登録

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ