公正証書遺言のメリット・デメリットは? 【会社設立アドバイザーの日記】

今回は公正証書遺言について書きます。

自筆証書遺言と比べると
公証人が関与する関係上、安心できる
といわれています。


公正証書遺言のメリット・デメリットは?

まずは
公正証書遺言のメリットをあげてみます。

  • 遺言書が公証役場に保管されるために紛失のおそれがなく、
    公証人が作成するため法的正確性が高くなる
  • 検認手続が不要
  • 遺言検索システムにより、遺言者の死後、
    遺言者の存否が調査できる


一番大きいのが

紛失の恐れが少ないこと

ですね。

自筆証書遺言では、遺言書いたけど
どこ行ったかわからなくなった。

仕方なく遺産分割協議で財産を分ける

というケースも散見されます。


しかも、一定の手続を踏めば、
全国の公証役場で遺言システム検索で
公正証書遺言をしたかを確認できるので
便利です。


では、公正証書遺言のデメリット
書きます。

  • 他の方式と比べ費用がかかる
  • 証人2人の立会いが必要なため、
    証人に内容が知られてしまう

やはり、費用面は致し方ないでしょう。

証人の件ですが、
専門家に依頼する方法
があります。

守秘義務がありますので内容が知られる
危険は少ないと思います。

 

どういう人が公正証書遺言に向くのか?

  • 既に財産を誰に渡したいのか決まっている方
  • 公証人が間に入ることで安心感を得たい方


原則、遺言書を書くときは、
公正証書遺言ですることをオススメします。


ただ、その前に、自分がどのような遺言をするのか、
遺留分の問題等もあるので、
事前に司法書士等の専門家に相談してみましょう。

そして、公正証書遺言に
あなたの思いを託すための「付言事項」
加えることをお忘れなく。


前回と今回で「遺言」をまとめてみました。

いかがでしたか?

<参考にした本>

士業専門家による中小企業支援のてびき―士業専門家による経営支援

企業支援司法書士グループKBQ 民事法研究会 2011-07
売り上げランキング : 194681

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ