私の場合過払い金がでますか?債務整理の現状とは?【司法書士の業務日誌】

過払い金が出ますか?

最近ラジオやテレビコマーシャルで

「過払い金は早めに回収しましょう」

とか大手司法書士事務所が
頻繁に流しています。


実際はどうなのでしょうか?

個人的な感想ですが、
過払い金の返還は大幅に減りました。

逆に、
「債務が膨大になり、どうにかしたい」
という相談が増えています。


出資法の改正もありましたが、
債務整理案件も大きく変わりました。


債務整理案件の動向は?

どうも最近、

過払い金案件は大手司法書士事務所が
多く手がけている

という噂を聞きます。


実際のところ分かりませんが
あれだけテレビやラジオで広告していると
反応は大きいでしょう。


私の事務所の場合、
年初はそんなに債務整理案件相談が
少ない状況でした。


しかし、ここ最近、
債務整理に関する相談が結構あります。


今は債務を減らすことは難しい

今では、大手消費者金融、
クレジット会社にしても、
利息制限法に従って融資しています。

なので、

借り始めたのがつい最近とかであると、
債務額そのものを減らすことはできない

と思ってください。

平成20年以降に借り始めている場合は
過払い金も発生しないし、
債務額自体減らないです。


先日も

「過払い金出ますか?」

という相談で、

「何年前からやっていますか?」

と聞いたところ、

「3年前です・・・」

という答えが返ってきました。

その時点では既に利息制限法通りしか
融資していないので、
過払い金どころか、債務額を任意で
減らすことは難しいです。

基本、任意整理するとなると、
利息をカットした和解が前提です。


もし、いま返済している額と
同額の場合は、自己破産も視野にいれる
必要があります。


正直、業者も任意整理について
厳しい対応をしているところもあるので
自己破産したほうがいいこともあります。
 

まずは専門家に相談、そして生活見直しを!


まず、債務額が膨大になった場合、
司法書士・弁護士などの専門家に
相談することをオススメします。


後は、自分の生活を見直すこと。
それができないかぎり、
いくら手続きをやっても
意味がありません。


過去のことは致し方無いので、
まずは自分の生活を見直す
これが債務整理において大事なことです。


過払い金のことについては
また改めて書きます。

事例に学ぶ債務整理入門―事件対応の思考と実務 (事例に学ぶシリーズ)

債務整理実務研究会 民事法研究会 2014-04
売り上げランキング : 168004

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ