「至高のカレー」 リュウジさんのバズレシピを参考に作ってみた

「至高のカレー」 リュウジさんのバズレシピを参考に作ってみた

東京都江戸川区葛西駅前 ひとり会社設立や小さい会社の企業法務・相続専門 資格試験アドバイザー 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

あまりプライベート・日記投稿はしませんが、今回は久しぶりに。

たまに日曜日に料理を作ることがあります。

料理を作るとなんとなく気分がリフレッシュできます。

今回は先日電子レンジで使う「耐熱ボウル」を購入してリュウジさんのバズレシピの「至高のカレー」を作ってみました。

「至高のカレー」 リュウジさんのバズレシピを参考に作ってみた

耐熱ボウルを購入

自宅には耐熱のタッパーは結構あります。

しかし、タッパーでは対応できないことも。

そこで、ロフトにいってガラス製の耐熱ボウルを購入。

今回はiwaki製の耐熱ボウル900mlのものを購入。

お値段が確か税抜で1,100円と意外と高めなんですね。

イワキ(iwaki) ボウル3点セット PSC-BO-20N(1セット)
by カエレバ

「至高のカレー」の材料は?

今回のカレーの材料は、

  • 豚小間切れ肉
  • 玉ねぎ
  • カレールー

あとはバター、ウスターソース、砂糖などの調味料。

詳しくはまとめのあとの動画を御覧ください。

飴色玉ねぎを簡単に作れる裏技

私もたまにはカレーを作るときはあるのですが、面倒なのは飴色玉ねぎをつくること。

通常玉ねぎを切ってからフライパンで飴色玉ねぎを作るとなると30分位かかってしまいます。

しかし、電子レンジを用いて作ると、飴色玉ねぎが15分くらいでできてしまい、時短に繋がります。

まずは玉ねぎを薄切りにして、耐熱ボウルに入れます。

▲切った玉ねぎを耐熱ボウルに広げて入れます

そして、ラップをせず、電子レンジで約3分。

電子レンジでチンした玉ねぎを炒めると、10分程度で飴色玉ねぎに。

玉ねぎを電子レンジでチンすることで余計な水分が飛び、飴色になりやすくなるとのこと。

また、焦げがでてもカレーにすると旨味が出るので気にしなくていいとのこと。

これだと、焦げが出ても気にならずにカレーが作れますね。

▲かなり簡単にできる飴色玉ねぎ

短時間でできるカレー

玉ねぎが飴色になったら豚小間切れ肉を入れて炒め、肉に火が通ったら水を入れます。

▲飴色玉ねぎができたら豚小間切れ肉を投入
▲肉を炒めて水を投入

そしてカレールーと調味料を入れて完成。

今回使ったカレールーはこちら。

スパイシーで美味しくてこれが一番このカレーにはあっています。

ハウス食品 185Gジヤワカレー中辛
by カエレバ
▲正味1時間以内でカレー完成!

実際に「至高のカレー」を食べてどうだったか?

結構肉の分量が多いので、肉をしっかり食べている感じがするカレーでした。

玉ねぎの甘味も引き立ち、焦げもいい旨味が出ていました。

これはこれでありかと。

まとめ

飴色玉ねぎを短時間で作ることができれば、カレーを作る時間も短時間でできるのでいいですね。

飴色玉ねぎは他にも応用ができそうなので、色々試してみたいです。

今回は
『「至高のカレー」 リュウジさんのバズレシピを参考に作ってみた』
に関する内容でした。

今回参考にした動画はこちら

あわせて読みたい

ライフログに関するブログはこちら

参考書籍

失敗ゼロ! 秒で作れる奇跡のウマさ! 1人分のレンジ飯革命

リュウジ KADOKAWA 2020年04月16日頃
売り上げランキング :
by ヨメレバ

Youtube

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!
毎週月曜日に発行中
メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

関連記事はこちら

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

広告