株式会社 出資金を振り込むタイミングはいつ?【3分以内で読める会社設立ワンポイント】

「個人事業主から法人化へのサポートをする会社設立アドバイザー」

東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

a0002_011008

株式会社設立 資本金を払い込むタイミングは?

「株式会社で出資金・資本金を払い込むのはいつですか?」

会社設立の際、多くの方から質問を受けます。

前回、資本金を払い込むのは発起人の口座ということを書きました。


では、発起人の口座に出資金を払込をするタイミングはいつでしょうか?


払込のタイミングを間違えたら登記できない?

気をつけていただきたいのは、払込をするタイミング。

これを間違えてしまいますと、登記申請自体受理されず、希望した日に会社が立ち上がりません。


払込をするタイミング。

原則だけ押さえて下さい。

それは・・・

定款認証が終わったあと。

それだけ覚えて下さい。

つまり、公証役場に定款認証に行ったあと、発起人の口座に資本金・出資金を入れる手続をして下さい。。


発起人が何人かいる場合は、事前の打ち合わせが大事です。

出資金の入金時期について、本当に注意が必要です。


発起人の口座をどうするか?

昨日の補足を。

わざわざ会社設立のために、発起人個人の銀行口座を作る必要はありません。

ただでさえ、銀行口座を作るのは難しい状況です。


資本金・出資金の入金を把握していれば問題はありません。

他の発起人がいる場合は振込にしてください。

発起人が自分だけであっても、振込にすると記録が残るのでオススメです。


会社設立日に登記を申請し、何事もなく終了する。

そのためにも払込をするタイミングを間違えないことが重要です!

 

今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせて頂けると嬉しいです!

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ