不動産登記は司法書士業務の要です!(その1)【会社設立アドバイザーの業務日記】

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

a1180_014454
不動産登記は司法書士業務の要です!

「司法書士の仕事って何をしているの?」

司法書士とお会いしたことがない方は疑問に思うでしょう。

私ももっと司法書士のことを広める必要があるのでは、そう思い、ブログで司法書士業務について書くことにしました。

今回は不動産登記業務について書きます。


あなたが家を購入したら・・・司法書士の出番です!

あなたが、家やマンションを買うことを想定してください。

購入した場合、登記簿に自分の名義に変える事ができます。

名義を変えないと、いつまでたっても売った人の名義のままだし、売主がまた別の人に売ってしまい、その人が登記をしてしまうと、自分のものだと主張できなくなります。

民法では、登記をしないと第三者に自分のものだと主張できない仕組みになっています。

その名義を変える仕事をするのが司法書士です。

司法書士は、不動産の売買の現場にはいり、書類をチェックして、お金を動かしたりする、いわば大事な役割です。

信用しているから、安心して任せられる、それが司法書士なのです。

「立会業務」
不動産の決済の際に行う仕事、司法書士の業務の一つです。


まとめ

自分の家を持つことは、一生に一度の買い物。

ここで司法書士が役割を果たすことは大きいことです。

地味な作業かもしれませんが、縁の下の力持ちといった存在でしょうか。

一生に一度の買い物の際に立ち会えるのは司法書士にとってとても嬉しいことなのです。


次回はまた別の角度から不動産登記業務を見ていきます。

今回もご覧頂きありがとうございました。
感想を聞かせていただけると嬉しいです。

Comments

comments