小さな会社の法務 年内に登記を申請するのはいつまでか?年内に登記を完了させたい場合は?

東京都江戸川区葛西駅前 会社設立などの企業法務・相続専門 司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一(@kirigayajun)です。

はじめに

2018年も残すところあとわずか。
年内のうちに登記を申請したい、または年内に登記を終わらせたいという会社も多いでしょう。

ここで大事になってくるのはスケジュール管理です。

年内に登記を申請するのはいつまでか?年内に登記を完了させたい場合は?

2018年の御用納めはいつか?

前提として、登記を申請しても、その日のうちに登記が終わりません。

申請して、概ね1週間程度、会社設立の場合は3営業日かかります。

さて、2018年の御用納めはカレンダーを見ると28日が金曜日なので、この日までは登記申請はできます。

ちなみに2019年の法務局の業務開始日は1月4日金曜日です。
なお、法務局には申請ポストみたいなものはありませんので、年末年始は一切登記申請書を申請できませんし、受理もされません。

2018年内に登記申請をしたい場合はいつまでに登記申請をすればいいか?

登記申請は、変更があったときから2週間以内にしなければなりません。

また、登記を申請してから終了するまで概ね1週間から2週間程度かかります。

年度内に登記を完了させたい会社も多いことが予想されるため、法務局も申請案件の処理が多くなり、混雑も予想されます。

特に地方だと、商業登記を扱う法務局が1箇所しかなく、なおさら混雑が予想されます。

となると、いつまでに登記申請をすれば年内に完了するか?

あくまでも予想ですが、24日が休みのため、余裕をみて14日くらいまでに登記申請をすれば、年内には商業登記は終わると予想されます。

となると、登記の申請内容にもよりますが、資本減少や合併など債権者保護手続を行う登記を申請し、年内に終わらせることはほぼ不可能と言っていいでしょう。

その他の登記でスケジュール管理の絡む登記については、11月中旬くらいまでに大枠を決めて準備しないと年内に登記を申請し完了するところまでは難しいでしょう。

株主総会を開く場合であれば招集手続きが必要ですし、反対株主の買取請求期間等の日付も考慮する必要があるので、もし年内に商業登記を済ませたいのであれば、早めに動き始めることをおすすめします。

会社設立登記について注意すべきことは?

12月から1月にかけて会社設立をしたいという方も増えています。

会社設立の場合は、登記を申請したときが成立日になるので注意して下さい。

なので1月1日に設立日にしたいからといっても法務局が開いていませんのでできません。

年明け早々から会社の事業を始めたいのであれば、どんなに早くても1月4日となります。

まとめ

商業登記の場合、スケジュール管理がとても重要です。

年内に登記を済ませて完了までもっていきたい場合、早めの準備をしてください。

今回は
『小さな会社の法務 年内に登記を申請するのはいつまでか?年内に登記を完了させたい場合は?』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

印鑑届書について経営者の方から質問を受けました。こちらのブログもぜひご覧ください。

参考書籍

商業登記実務から見た 中小企業の株主総会・取締役会

立花 宏 中央経済社 2017-04-28
売り上げランキング : 166988

by ヨメレバ
中小企業の戦略的会社法務と登記

今川嘉文 中央経済社 2016-09-24
売り上げランキング : 680064

by ヨメレバ

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ