相模鉄道乗車記 新型車両にやっと乗れた!

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
鉄道大好きの司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

2018年3月と7月に相模鉄道に乗ってきました。

一番の目的は2018年2月から運行開始している新型車両20000系に乗ること。

果たして・・・

相模鉄道の新型車両に乗ることができた!

2018年3月のときには・・・

ちょうどこの日は海老名で新型ロマンスカーGSEのお披露目会に参加。

海老名に来たので、ついでに横浜まで相鉄線に乗っていこうと。

もしかしたら新型車両20000系に会えるかも。

その思いで行ったら、なんとこの日は20000系は運転してない。

ちょっとショック。

仕方ないので、相鉄線で活躍している様々な車両を撮影。

9000系の斬新なカラーの車両を撮影。

貴重になりつつある7000系も撮影。

その他にも相模鉄道で活躍している車両を撮影。
結構の量の写真を撮影することができました。

7月にリベンジ!やっと新型車両に会えた!

2018年7月、横浜に用事が。
たまたま相模鉄道のホームページをみて、20000系の運転状況をみていたら、なんと今日は運用に入っている。

それを見逃すわけにはいかない!
ということで、横浜駅へ。

時間通り、ホームには20000系新型車両が!
早速乗ってみました。

 

座り心地もよく、相模鉄道が気合を入れて作った車両であることを実感。

この車両は、東急線に乗り入れる予定の車両ということで、近い将来は東横線や目黒線でも運転されるかも。

今は1編成10両編成ですが、今後は東急線のことを考慮し8両編成も登場するでしょう。

都心へ相鉄線の変貌が楽しみ!

現在横浜市の西谷から羽沢横浜国大駅を通り、JRと東急へ都心部直通運転が計画中。

JRとの直通運転開始が2019年度、東急線との直通運転開始が2022年度。

おそらくJR直通運転が開始されるときに新たな新型車両が登場するかもしれません。

ますます相模鉄道から目が離せなくなります。

ちなみに東急線との直通運転が開始されると東急目黒線を介して都営三田線や南北線に乗り入れる可能性もあり、こちらにも注目したいです。

まとめ

今まで地味な存在だった相模鉄道。
都心乗り入れで、存在感が大きくなると思います。

相鉄線にこれからぜひ注目してみてください!

今回は
『相模鉄道乗車記 新型車両にやっと乗れた!』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

最近の鉄道日記ブログもあわせて御覧ください。

東急東横線渋谷駅地上時代の写真が出てきた!グーグルフォトを整理していたら・・・

参考書籍

じっぴコンパクト新書 (相鉄沿線の不思議と謎)

浜田弘明 実業之日本社 2017-01-20
売り上げランキング : 236769

by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ