【会社設立・起業】東京23区でどの区で企業数が伸びているのか?

「会社設立アドバイザー」
東京都江戸川区葛西駅前の
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

東京23区でどこの区が企業数が多いのか、どんな業種が多いのか
おもしろデータがあります。

23区で最も企業数多いのは「港区」伸び率1位の業種は「サービス業」 (エコノミックニュース) – Yahoo!ニュース

これから都内で起業したいあなたには参考になります。

bil0126-003


やっぱり都心に企業は集中している

このデータを見てみると、一番多いのが港区。
なんと1万8,000社以上あり、23区全体の10%強を占めています。

続いては千代田区、中央区、渋谷区、新宿区と続いています。

このデータを見ている限り、都心部に企業が集中しているのがわかります。

さらに、港区・千代田区・中央区で23区の企業数全体の4分の1以上を占めています。

ここも面白いところです。

となると、起業するなら都心部と考えてしまう気持ちもあるでしょう。


企業数の少ない区は?

一方、企業数の少ない区は、荒川区で、2,724社あります。
さらに少ない順に、北区、中野区、目黒区、葛飾区と続いています。

住宅地のイメージが強い地域は、企業数は少ないですね・・・


企業数の伸びは?

10年前と比べると、企業数全体は増えています。
さらに、一部の区をのぞき、増えている結果に。

起業する方が増えているのでしょうか?


どこで起業するのがいいのか?

ブランド力を高めたいというのであれば、都心に事務所を構えるのが効果的。

ただ、テナント料とかを考えると厳しいし、ライバルもひしめき合っています。

前にも書きましたが、業種によってはわざわざ都心で起業する必要がありません。
自分が開業しやすいところでやるべきです。

クライアント優先であれば、都心でやらなければいけないでしょう。

しかし、クライアントと頻繁に合う必要がなく、スカイプとかで用が足りるのであれば
自宅開業なり、もっと安いところの事務所を借りて起業するのもありでしょう。

会社設立時に考えて戦略を立てるのが重要になります。

かっこいいのをとるのか、ブランドを取るのか、コストをとるのか・・・
これから起業するあなたはよく考えて行うといいでしょう。

<参考記事>

【会社設立・起業】今の時代起業するのは東京だけではない? | 司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

 

<参考書籍>

起業はGO IT ALONE!――最小投資・最小人員で大きく成功する方法 (PROFESSIONAL & INNOVATION)

ブルース・ジャドソン 亜紀書房 2013-09-04
売り上げランキング : 379759

by ヨメレバ

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ