休日朝カフェ 午前中がいい理由とは?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

私のライフログをご覧頂いている方はご存知かもしれませんが、平日の朝だけでなく、休みの日の朝もカフェでブログを書いたりしています。

休みの日のひとり朝活は本当におすs

その理由を私なりに分析してみました。

休日の午前中もカフェがいい理由とは?

休日の午前中は本当に仕事が捗る!

休日の午前中から雑談する人はそんなにいません。
私が行っているカフェだからでしょうか。

だいたいひとりのお客さんが多いです。

たまに会議とかゼミとかやっていてうるさいこともありますが・・・

それでも静かなことが多く、パソコン仕事、私の場合はブログやメルマガ書きがスムーズにいきます。

平日の朝のひとり朝活も静かな環境のもと、1時間から1時間30分でブログを2つ書くことができます。

しかし、日曜日の朝はブログ3つとメルマガを2時間くらいで書くことができ、集中力があると感心しました。

休日の午後は混雑が激しくなり2時間が限界・・・

休日のカフェ、特にターミナル駅近くのカフェは午後になると人が多い。

午前中の静けさとはかなり変わります。
やはり集中力がなくなってきます。

また、カフェによっては勉強やパソコン仕事については時間を制限するところもでてきます。

そうなると、一つのカフェで作業ができるのはせいぜい2時間以内が限界です。

自分も午後になると、正直集中力が途切れてしまい、長居できなくなる傾向にあります。

午後だけで3件カフェはしごしたこともあります。

休日15時台は席がないと思ったほうがいい

私の感覚ですが、午前中は席がガラガラ。
なので、気持ちよく作業ができます。

13時をすぎる頃から混み始め、店内もざわざわしてきます。

15時すぎると空いている席は殆どなし。
諦めるしかないと思います。

特にターミナル駅近くのカフェは壊滅的だと思っていいでしょう。

一方、平日ビジネスマンでごッタ返す地域は休日は意外と穴場なことも。

ただ、休日お休みのカフェも多いので注意が必要です。

まとめ

休日集中して仕事をしたいのであれば、やっぱり午前中、しかも13時までがいいでしょう。

それ以降になると混雑するため、時間制限があったり勉強できないところもでてくるので注意が必要です。

今回は
『休日の午前中もカフェがいい理由とは?』
に関する内容でした。

あわせて読みたい

ひとり朝カフェが誕生したきっかけを以前ブログでかいていました。
こちらも合わせて御覧ください。

参考書籍

仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100

小山 龍介 SBクリエイティブ 2018-08-22
売り上げランキング : 45343

by ヨメレバ
ノマドワーカーという生き方

立花 岳志 東洋経済新報社 2012-06-01
売り上げランキング : 62911

by ヨメレバ

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道(撮り鉄・乗り鉄両方です)・ランニングです。
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ