司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

江戸川区葛西駅前 会社設立専門司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の個人ブログ

Tag: 簿記2級

日商簿記検定試験2級勉強日記 とにかく仕訳仕訳・・・

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

定期的に更新している
「日商簿記検定試験2級勉強日記」
2017年11月検定試験の合格を目指して、
1日1時間ずつ勉強しています。


やっと第3問対策にとりかかっている
ところですが、段々厄介になってきて
います。


ただ、最近商業簿記を勉強していると
あることに気づくようになりました。

Continue reading

日商簿記検定2級の試験まであと1か月半 過去問と予想問題を解かないと・・・

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

平成29年11月19日に日商簿記検定2級の
試験があります。


スッキリわかるシリーズは既に読み終え
問題演習に入っているのですが、どうも
問題演習になると、苦手意識がでてしまい
ます・・・

Continue reading

私が簿記2級の勉強をし続けている理由とは?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

今回のブログは雑感ブログ。
なので、興味ない方はスルーしてください。


ここ数年簿記2級の勉強をし続けています。
なかなか時間確保ができず、勉強不足で
合格できませんが・・・


最近、簿記2級の勉強をし続け、自分の実務
に役に立つと感じています。

Continue reading

株主資本等変動計算書 第145回日商簿記検定2級で出題 その他試験の気づきなど  江戸川区葛西司法書士・行政書士の企業法務日記

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


半分趣味で受けているといっていい、
日商簿記検定2級。


第145回試験が2月26日、東京マラソンと
同じ日にありました。


なんと、商業簿記分野で株主資本等変動
計算書
が出題されました。



株主資本等変動計算書 第145回日商簿記検定2級で出題 その他試験の雑感など


株主資本等変動計算書とは何か?


貸借対照表や損益計算書と並んで、
株主資本等変動計算書は会社の計算書類の
一つになっています。


株主資本等変動計算書とは、貸借対照表の
純資産の部の一会計期間における変動額の
うち、主として、株主に帰属する部分である
株主資本の各項目の変動事由を報告するために
作成される決算書のことを言います。


会社法により、新たに計算書類として
設定されました。


株主資本等変動計算書は他の計算書類同様
定時株主総会で承認を受ける必要があります。


しかし、会計監査人設置会社においては、
要件を満たせば、定時株主総会で承認を
する必要がなく、取締役が計算書類の内容を
定時株主総会で報告する必要があります。


ちなみに純資産の部は

  • 株主資本
  • 評価・換算差額等
  • 新株予約権

と分かれています。


更に株主資本には

  • 資本金
  • 資本剰余金
  • 利益剰余金
  • 自己株式

に分かれます。


資本剰余金には

  • 資本準備金
  • その他資本剰余金

利益剰余金には

  • 利益準備金
  • その他利益剰余金
    (別途積立金・繰越利益剰余金)


に分かれます。


例えば欠損填補のために準備金の中で
動かしたり、資本金を減少させて資本準備金
に組み入れたり、数字の変動を示す表が
株主資本等変動計算書です。


第145回日商簿記検定2級では、
繰越利益剰余金を配当に回したり、
その他の数字を動かしたりする問題が
出されました。


比較的簡単にでき、私も見たことがあるもの
でしたので、違和感なく解けました。


合っているかどうかは分かりませんが・・・


その他簿記検定試験での気づき


今回は、商業簿記第3問の貸借対照表が
難易度が高かった
です。


工業簿記はそこまで難易度は高くなかった
とのこと。


なので、私は、第2問、第4問、第5問、
第1問の順に解き、第3問は何だかわから
ないので、部分点狙いで行きました。


それが良かったのかと・・・


ただ、解答を見たら、第1問で結構落として
いることが判明・・・


こういう基礎部分で落とすのはやっぱり
痛いですね。


本支店会計が苦手であることがあからさまに
出ました。



まとめ


日商簿記検定2級は、点数を稼ぐためには
商業簿記は部分点狙いで、割り切りが必要
だと感じました。


工業簿記については、比較的取りやすいので
満点狙いをするのが得策かと。


多分第145回簿記検定2級は落ちていると
思います。


次回から試験範囲がまた変わるので、
また受けるかは思案中です・・・


今回は
『株主資本等変動計算書 第145回日商簿記
検定2級で出題 その他試験の気づきなど』

に関する内容でした。


参考書籍

スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第9版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

滝澤 ななみ TAC出版 2017-02-20
売り上げランキング : 80
by ヨメレバ
スッキリわかる 日商簿記2級 工業簿記 第6版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

滝澤 ななみ TAC出版 2017-02-22
売り上げランキング : 154
by ヨメレバ

 

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

簿記2級合格で仕事の幅を広げたい!【司法書士の業務日誌】

簿記2級の勉強を始めました!


今年の目標の一つを始めました。


それは、「簿記2級」


もともと勉強はしたことがあったのですが、
途中で挫折することが多かった。


今回はちょっとまじめにやろうと思い、
簿記2級の勉強を再開することにしました。

laptop-900651_1920

まずは教材選び・・・


本屋にいくと、簿記2級に関する本が
たくさん出版されていますね。


詳しい方がいいのか、サラリと書いてある
本が良いのか、正直どれにするか迷い
ました。


ネットとかの反応を見たりした結果、
とにかく簿記2級に受かることを主眼に
置くのであれば、手軽に読める本が
良いかと


そこで、この本にしました。
 

TAC出版の「スッキリわかる日商簿記2級」

 

スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第8版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

滝澤 ななみ TAC出版 2016-02-25
売り上げランキング : 221
by ヨメレバ
スッキリわかる 日商簿記2級 工業簿記 第5版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

滝澤 ななみ TAC出版 2016-02-24
売り上げランキング : 973
by ヨメレバ

この本は問題集もついており、すぐに
復習できるのがいいですね。


この本を軸に勉強を始めています。


時間の確保をどうするか?


一日少しの時間でもいいので、勉強時間を
確保する必要があります。


となると、自分の場合、通勤時間やカフェ
の時間、休みの日が確保できそうです。


あとは、仕事を優先しつつ、空いている
時間、隙間時間をいかに確保するか


そこが課題になります。

 

楽しみながら簿記の勉強する


楽しみながら簿記の勉強をする。

ここが一番大事だと思うのです。


どうしてもわからないところが出てきて
しまうと、放り出したくなり、勉強しなく
なる。


そこが自分にとって怖いところなのです。


なので、楽しくゲーム感覚で勉強して
いこう
と考えています。


そして、間違えた問題は徹底的に見直す。


そのような方針でやっていこうと思います。


多分いちばんのヤマ場は
工業簿記になりそうです・・・

写真 2016-03-08 6 24 48
まとめ


簿記2級の合格は以前から立てていました。


しかし優先順位が低かったため、後回しに
していました。


今回は、自分の仕事の幅を広げることを
考えての受験なので、それなりにやって
知識を深めていこうと思っています。


もし、読者の中で私も簿記2級受けると
いう方がいれば一緒に頑張りましょう!


私が簿記2級の学習で使うテキスト

 

スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第8版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

滝澤 ななみ TAC出版 2016-02-25
売り上げランキング : 221
by ヨメレバ
スッキリわかる 日商簿記2級 工業簿記 第5版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

滝澤 ななみ TAC出版 2016-02-24
売り上げランキング : 973
by ヨメレバ


お知らせです!


メルマガ始めました。


極力ブログと同じ内容を書かないように
努めています。


つまり、ブログでは書けないことを
メルマガで書いています。


下の登録フォームから是非登録をお願いします。

 

司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!メルマガ登録

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須