会社法全体を俯瞰「会社法の仕組み」  | 司法書士行政書士きりがやの読書日記

写真 2014-08-28 8 13 09
★会社法全体を俯瞰するには最適

今回紹介する本は、
「会社法の仕組み」
(近藤光男著 日本経済新聞社)

文庫本サイズ(日経文庫)となっていて、
電車の中でも気軽に読むことができる。

会社法は平成18年5月から施行されている。
昔の法律と異なるところもあるので、
この本で、全体像をつかむのは最適だろう。

★改正法にも対応

平成27年春頃に改正会社法が施行される予定
である。

コンプライアンスの強化、新たな機関設計
(監査等委員会設置会社の創設)など、
それなりに実務に影響を及ぼすことが
多い。

この本では、改正会社法を意識した内容にも
なっているので、どのような改正がおこなわれるのか
見るにも最適な本である。

★文庫本がゆえに・・・

これはしょうがないが、文庫本で読みやすさ
分かりやすさを意識しているので、全部を
網羅しているわけではない。

細かい論点については専門書で補充する必要が
ある。

さらに、公開会社を中心に書かれているので、
非公開会社については、記述が薄い。

中小企業の経営者がこの本を読むと、
経営等公開会社と非公開会社とでは異なるので
ちょっと読みづらいかもしれない。

★誰が対象か?

私個人的には、大会社で法務部に所属したあなたが
読む分には最適な本だと思う。

あと、法学部の学生が、会社法の全体を見るうえでは
この本は最適だろう。

いずれにしても文庫本サイズで、会社法を分かりやすく
書いているので、会社法全体を知りたい方には
この本はお薦めである。

※最近、会社法の専門書も改訂版が発売された。
こちらは完全な専門書なので、分からないときに
調べるいわば辞書がわりの本である。

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を経営
会社設立・企業法務・相続を得意としています。
趣味は鉄道・ランニングです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします