司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

江戸川区葛西駅前 会社設立専門司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の個人ブログ

Tag: 快速急行

2018年3月小田急ダイヤ改正 登戸駅に快速急行を停車させるべきか?

東京都江戸川区葛西駅前
鉄道が趣味の
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

不定期で書いている
司法書士・行政書士の鉄道日記ブログ。


今回取り上げるのは
小田急線


11月に入り、小田急線のダイヤ改正が
話題になっています。


複々線の完成により、朝ラッシュ時の
所要時間の短縮、千代田線への乗り入れ
本数が多くなったりと便利になります。


その中で、最近話題になっているのは
「登戸駅の快速急行の停車」
についてです。


賛否両論あるようですが、私の考えを
書きていきます。


2018年3月小田急ダイヤ改正 登戸駅に快速急行を停車させるべきか?

平日朝のラッシュ時間帯の新宿方面のダイヤを見ると・・・

小田急線のダイヤ改正の詳細は、既に
小田急線のホームページにあがっています。


実は平日朝の新宿方面のダイヤと
平日夕方の小田原・片瀬江ノ島・唐木田
方面のダイヤも掲載されています。


まずは平日朝の新宿方面のダイヤから。
これを見ると、平日朝、急行が運転されるのは
新宿着6時58分から9時6分まで一本も
ありません。


おそらく町田や遠方からの速達性の観点
から快速急行にしたのだと思います。


更には、多摩線方面から新宿に向かう
通勤急行は登戸駅には停車しません。


朝ラッシュ時の上りで急行を運転せず、
通勤急行も通過するから、登戸駅に
快速急行を停車せざるを得ない
としたのだと思います。


ただ、朝のラッシュ時間帯に登戸駅で
南武線からの乗り換え客で遅延が発生
しないか、ホームがいっぱいにならない
か不安はありますが・・・


平日夕方のダイヤを見ていると、
それなりに急行の本数は確保されている
ように思います。
現行ダイヤと比べると急行は減っているように
感じますが・・・


それでも、登戸駅に快速急行を停車させる
ほど不便にはならないと思います。



本当に登戸駅に快速急行を停車させるべきか?

小田急線の場合、スピードを出す区間も
ありますが、途中で前の電車とつかえて
しまい、ノロノロ運転をする部分が
あります。


今回のダイヤ改正で登戸駅に快速急行を
停車させても現在の快速急行と所要時間が
変わらないもしくはむしろ早くなるので
あれば、停車する意味はあるでしょう。


しかし、登戸駅に停車したばかりに
かえって混雑が増したり、日中の所要時間
が伸びるようであれば、快速急行を停車させる
意味はありません


朝、速達性と登戸駅の利便性を高める
だけであれば、種別を「通勤快速急行」
にすればいいだけだと思います。
(江ノ島線から新宿方面への直通電車は
相模大野まで急行で、相模大野から
新宿までは快速急行として運転するみたい
なので・・・)



まとめ

2018年のダイヤ改正で、登戸駅の利便性は
増すでしょう。


ただ、快速急行が登戸駅の停車したために
かえって混雑が激しくなり、複々線の意味
が薄れるのであれば、次回のダイヤ改正で
潔く登戸駅を通過するなどの措置を
考えてもいいかと思います。


今回の件はあくまでも私の個人的意見で
あることをご承知ください。
この件に関するクレームは受けませんので
ご了承ください。


今回は
『2018年3月小田急ダイヤ改正 登戸駅に
快速急行を停車させるべきか?』

に関する内容でした。


参考投稿

2018年3月、新ダイヤでの運行開始 – 小田急電鉄(ニュースより)

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

乗るときに注意!西武鉄道快速急行「長瀞・三峰口行」

お知らせです!


メルマガ始めました。


極力ブログと同じ内容を書かないように
努めています。


つまり、ブログでは書けないことを
メルマガで書いています。


右上の登録フォームから是非登録をお願い
します。

写真 2016-02-21 8 00 04


乗るときに注意!西武鉄道快速急行「長瀞・三峰口行」


秩父行く時に、西武特急を使う方も
多いかと思います。


実は料金がかからない電車があります。


ただ、乗る車両によって行く方向が
異なるので注意が必要です。


意外と便利な電車ですよ!


長瀞や三峰口に行く場合、西武特急を
利用すると、一度西武秩父で乗り換える
必要があります。


しかも西武秩父駅から御花畑駅まで
徒歩で5分程度かかります。


実は、西武鉄道と秩父鉄道を直通する
電車があります。


平日は夕方飯能始発で、
土休日は朝の時間池袋から運転する
電車があります。


特に土休日は池袋から秩父鉄道の
長瀞や三峰口まで一本で行けるので
本当に便利です!


しかも追加料金がかからないのも
大きな魅力です。

写真 2016-02-21 9 49 06


使用車両は旅気分を満喫できる車両
 

使用車両は西武4000系。

各車両2ドアの車両。
乗車位置に注意が必要です。

ただ、普段使っている車両とは違い、
旅行気分を味わえる車両
です。

何故かと言うと、
車両は一部を除きクロスシート。

向い合って座る座席になっています。

 

東京近郊で一般車両で使われるのは、

京浜急行と東武だけです。

西武の車両はトイレもついていますので、

長距離移動には最適な車両です。


乗る車両を間違えてしまうと、違う方向に・・・


この電車で注意しなければいけないこと
は2点。


1つ目は、途中で電車の向きが変わること


池袋から乗車した場合、まず飯能で
進行方向が変わります。


さらに三峰口へ行く場合、西武秩父で
さらに進行方向が変わります。

写真 2016-02-21 9 48 42


もう一つは行き先によって乗る車両が
異なること


8両編成で運転しますが、
池袋から乗ると前から4両目までは、
長瀞方面、後ろ4両が西武秩父・三峰口方面
の電車
になります。


飯能で向きが変わるので、そこも注意が
必要でしょう。


しかも、4両目と5両目は通りぬけ出来ない
ので注意が必要です。

写真 2016-02-21 9 43 13
西武秩父のひとつ前の横瀬駅で切り
離します。


横瀬駅から前よりが西武秩父・三峰口行、
後ろが長瀞行
になります。

写真 2016-02-21 9 42 57
あれっ、池袋から乗った時と書いている
ことが違う・・・


実は先ほども書きましたが、飯能駅から
進行方向が変わるので、本当に注意です。


実際に私が横瀬駅で写真を撮影していた
時も、駅員に聞いていた方がいました。


乗る車両を間違えると目的地にいけなく
なるので注意です!

 

まとめ


最近の関東近辺の私鉄では、このような
特急料金不要な電車の数が減っている気が
します。


なので、このような便利な電車は無くして
貰いたくないです。


西武鉄道は3月にダイヤ改正を行いますが、
今度のダイヤ改正でなくなるかは不明です。


便利なものをなくすのはサービス低下に
繋がると思うのですが・・・

司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!メルマガ登録

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

スピード重視よりも〇〇重視?小田急線のダイヤ改正を検証する【司法書士の鉄道日記】

小田急線のダイヤ改正を検証する

3月はダイヤ改正の時期。
多くの鉄道会社が乗客の動向を踏まえ
ダイヤを変えています。

早速小田急電鉄が3月のダイヤ改正を
公表していたので、私なりに検証
していきます。

036

特急はスピード重視より着席確保で利便性を図る!

今度のダイヤ改正で目玉なのは、
特急ロマンスカーの停車駅に
海老名と伊勢原
が加わったこと。


特急の停車駅がやたら増えている気が
しますが・・・


その辺りは、千鳥停車させ、停車駅を
集中させないように工夫されています。


もう一つ、
唐木田方面への特急が廃止されること。


多摩方面への特急については
あまり需要がなかった証でしょう。


ここ最近の小田急の特急ダイヤを見ると、
着席数の確保に力を入れているのが
伺えます。


特急料金を支払うことで座っていける。
鉄道会社もその分収益が増える。


スピードを重視するよりも
着席できるところを大事にしていますね。

 

千代田線の直通列車が増える!

今までは、日中30分おきにしか
千代田線との直通運転がなかったのが、
今回の改正で20分間隔になるとのこと。

写真 2015-12-12 13 37 18

今回の改正から、
小田急線内でJRの車両も走れるようになるので
実現したものと思われます。

これは利便性が増しますね。


さらに日中の直通運転については
「多摩急行」から「急行」に種別変更される
とのこと。


「多摩急行」が向ヶ丘遊園を止めない
意図が分からず、常日頃から
「多摩急行」は意味が無いと思っていた私。

ここは改善されてよかったと思っています。


あとは、快速急行との連携もうまく
図れた改正になっています。


メトロホームウェイも増発されていますね。


一番危惧するのは、千代田線やJR常磐線で
事故が起きた場合、すぐに小田急線との
直通運転を中止すること。


しょうがないといえばしょうがない
ですが・・・


区間準急がなくなる

今回の改正で区間準急が運転中止になる
ようです。

そもそも、新宿から多摩急行に接続する
意味合いしかないし、スピードも
早いわけではないので、なくなっても
致し方ないと思います。

052


まとめ

今回の小田急のダイヤ改正は
利便性を追求した改正
と言えるでしょう。


細かいダイヤについてはおそらく
2月くらいにでそうなので、その時にまた
検証します。

JR東日本の車両が小田急線内を走るのも
新鮮な気がします。

早く見てみたいです。
 

参考記事

小田急線・東京メトロ千代田線、ダイヤ改正で直通列車・ロマンスカー増発!