睡眠時間と通勤 どっちを優先するか

eha0037-003

早く行く理由は・・・

私が早く自宅を出る理由。
それは、通勤地獄に巻き込まれたくないため。

やっぱり、通勤だけで疲れてしまうのは、一日のパフォーマンスを考えるともったいない気がします。

また、私の場合、夕方からの予定が多く、朝のうちから仕事をしたいというのも理由の一つです。

なので、朝はやく起きて、事務所に向かうのです。


睡眠時間確保のために遅めの出勤

いつも私は5時起き。
軽めの運動をして、食事をして、6時30分に自宅を出ます。

飲み会があっても昨年までは朝6時30分には家をでるようにしていました。

睡眠時間が4時間の時もあり、逆に仕事の効率が下がっていきました。

そこで、今年からは時間をずらそうと決意。

朝遅く起き、1時間遅らせて出勤することにしました。


やっぱり激混み・・・

1時間遅らせて出勤すると、予想通りの電車の混雑。

朝、本を読むことは至難の業になります。

ただ、途中からは座れるし、本も読めたりします。
混雑部分を乗り越えられればなんとかなるかも・・・


まとめ

一日を効率よく過ごすには、やっぱり睡眠は大事。
ダイエットにも影響をおよぼすようです。

1時間出発を遅らせると、それだけ混雑も激しくなります。

実際どっちを選択するか、迷う部分はあります。

睡眠きちんととっても、通勤電車で疲れたら・・・
色々考えてしまいます。

とにかく、同じ行動パターンではなく、違ったパターンで挑戦してみる
それが大事ではないでしょうか。

私は自由業なので、時間の縛りはそこまできつくありません。
ただ、逆にだらだらしてしまうので、時間管理は大事にしたいですね。

Comments

comments

この記事を書いた人

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

司法書士・行政書士 桐ケ谷 淳一

鉄道(乗り鉄・撮り鉄両方)と麻婆豆腐・担々麺をこよなく愛する司法書士・行政書士です。
ひとり会社設立、副業・複業、小さな会社の企業法務の分野を得意としています。
1977年1月 東京生まれ東京育ち
2000年 日本大学法学部法律学科卒業
2004年 司法書士試験合格
2005年 行政書士試験合格
2007年 東京都江戸川区葛西駅前にて司法書士事務所・行政書士事務所を開業
2017年 平成27・28年施行改正会社法・商業登記規則、役員変更登記の注意点(株式会社レガシィから)のCD・DVDを出しました。

無料メルマガ登録

ブログとは違った内容で更新 無料メルマガ登録はこちら!

毎週月曜日に発行中

メルマガ登録フォーム

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須

広告

こちらもおすすめ