東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

東京メトロで発売されている
「東京メトロ24時間券」


私もかなりの頻度で利用しています。
「東京メトロ24時間券」については
以前もブログで紹介しました。

東京メトロ24時間券を使い倒す効率的な使い方とは?


実はある週で、連続して購入。
なぜ、こんなに「東京メトロ24時間券」を
購入したのかをかきます。



東京メトロ24時間券 司法書士業務等で5連続利用!本当に便利なきっぷ!


東京メトロを4回以上乗車することが分かっていたから・・・

「東京メトロ24時間券」は駅の券売機で
販売されています。


きっぷを購入し、自動改札で入場して
印字された時間内なら何度でも
東京メトロ線内を乗車できるすぐれもの。


24時間以内に東京メトロを4回乗れば
元が取れます。


司法書士・行政書士業務で外回りするため
7月下旬のスケジュールを立てていたら、
使用開始日と翌日に東京メトロを4回乗る
ことが確定。
 

平成29年7月24日に購入し、翌日以降も
移動のために購入。
この週だけでなんと5枚も購入していました。


私は東京メトロに4回乗ることが確定している
ときは迷わず「東京メトロ24時間券」を
買います。


なぜ4回乗る時に「東京メトロ24時間券」を購入するのか?

東京メトロの場合、
初乗り運賃は切符だと170円、
PASMOなどのICカードだと165円です。


東京メトロに4回乗ると切符の場合680円、
PASMOなどのICカードだと660円で
前者の場合80円、後者の場合60円
オトクなのです。


しかも、この24時間券、入場してから
24時間使えるということは、
翌日の有効時間内までであれば使えるので
本当に重宝します。


都営でも1日乗車券がありますが、あれは
1日限り。
夕方に買うと損する気分になります。

しかし、東京メトロ24時間券は夕方に購入しても
翌日まで使え、使い勝手がいいのです。
東京都交通局でも24時間券作ればいいのに。


さて、翌日、制限時間内には入場できたが
降りるときには時間をオーバーしていた。
精算する必要があるのか?


でも、ご安心を!
券面に記載されている時間までに入場すれば、
降車する時間は使用開始後24時間を経過しても
問題なく降りることが出来、清算不要。
本当にお得なのです。


私の東京メトロ24時間体験日記 中小企業の外回り業務に効果発揮!

実は、司法書士の仕事は月末にかけて
忙しくなり、外回りも多くなります。


その時に「東京メトロ24時間券」は
重宝します。


7月24日の週は移動が多く、結果的に
東京メトロ24時間券を5枚買うことに。


その結果、購入金額が3,000円に対し、
PASMOなどのICカードの場合、3,300円で
300円もお得。


165円区間以外でも乗っているので、
もしかしたらもっと得をしていたかも
しれません。


実は、私はこの「東京メトロ24時間券」
中小企業の経営者に是非知ってほしいのです。


今回5枚購入して節約できたのが300円。


たった300円。そう思ったあなた!
会社の経費は少しでも削れるものは削るの
が鉄則。


なので、こういう切符をうまく活用する
ことで、実はお財布にも優しい結果に
なるのです。


中小企業の経営者や経理担当者の方は
「東京メトロ24時間券」の存在を
知っておくといいでしょう。



まとめ

「東京メトロ24時間券」を知って、
本当に便利であることを身をもって
体験している私。


ケチと思われるかもしれませんが、
移動が多い人とかは知っておいて損は
ありません。


それだけ「東京メトロ24時間券」は
使う価値があるということです。


今回は
『東京メトロ24時間券 7月25日から
5連続利用!本当に便利なきっぷ!』

に関する内容でした。


日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で