東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


監査役の任期は、選任後4年以内に終了
する事業年度のうち最終のものに関する
定時株主総会の終結の時までとするのが
原則です。


ただ、すべての株式について譲渡制限を
設けている会社(非公開会社)は定款で
最長10年まで取締役の任期を伸長する
ことが可能です。


監査役の任期については、取締役の任期と違い、
4年の任期を短縮させることは出来ません
(取締役の任期は2年以下に短縮させる
ことは定款で定めれば可能。)
 

あなたの会社の監査役の任期、
監査役の役割を理解していますか?
そもそも監査役をあなたの会社で置く意味
はありますか?

Continue reading