東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


「法定相続情報証明制度」
について、昨日のブログでも紹介しました。


前回は利用目的と代理人申請などを書きま
したが、今回はそもそもなぜ「法定相続情報
証明制度」ができたのか、必要書類はどう
いうものが必要なのかについて書きます。


なお、平成29年4月19日現在の情報をもとに
ブログを書いていること、一部私見もある
ことをご承知ください。



法定相続情報証明制度 制度趣旨と必要書類は何?


「法定相続情報証明制度」の趣旨は?


法務省の説明では、「法定相続情報証明
制度」を創設した趣旨は、相続登記を
促進すること
とされています。


最近、相続登記が未了のまま放置されている
不動産が増加傾向にあります。


東日本大震災の際、土地の名義が被相続人
もしくは2代前の方が名義人となっていて、
相続登記がスムーズにいかないという問題も
ありました。


昨今では、空き家問題も表面化し、所在者
不明の建物も増え、社会問題になっています。


そもそも相続登記をしてもらうことに重きを
おいているのが今回の「法定相続情報証明
制度」といえます。


これについては、本制度は相続登記の促進に
つながらないのではないかという意見も
でています。


法務省のパブリックコメントには、制度を
利用することで相続登記の必要性を理解して
もらうとともに、戸籍謄本の取得の煩雑さ、
軽減負担を目的とする
と記載されています。


ただ、相続登記の他にも「相続手続」を
利用目的として一覧表を出すことができる
ので、この制度が相続登記を促進につながる
といえるか私は疑問です。

 

登記所に提出する書類は何か?


申し出をすることができる登記所については、
以下の地を管轄する登記所のいずれかに
なります。

  • 被相続人の本籍地
  • 被相続人の最後の住所地
  • 申出人の住所地
  • 被相続人名義の不動産の所在地


提出する書類は、

  1. 被相続人が生まれてから亡くなるまでの戸籍関係の書類等
  2. 上記1の記載のに基づく法定相続情報一覧図


法定相続情報一覧図には、被相続人の氏名、
最後の住所、生年月日及び死亡年月日並びに
相続人の氏名、住所、生年月日及び続柄の
情報
を記載します。


一覧表が提出されたら、登記官は上記の内容
を確認し、認証文付きの法定相続情報一覧図
の写し
交付されます。



まとめ


法定相続情報証明制度を利用することで、
相続手続にかかる相続人・手続の担当部署
双方の負担が軽減されるとされます。


ただ、その前提として、相続人が戸籍を
集める手間がまだ残されており、
まだまだ問題点は多いようです。


さらに、相続登記の促進と言われて
いますが、この制度だけで解決できるかは
疑問を感じます。


利用者の負担軽減を目指すのであれば、
さらなる改善が今後必要になるでしょう。


法定相続情報証明制度 平成29年5月29日
から実施予定です。


今回は
『法定相続情報証明制度
制度趣旨と必要書類は何?』

に関する内容でした。

 

 

参考ブログ

法定相続情報証明制度 平成29年5月29日から実施予定!

 

参考書籍

これだけは知っておきたい相続の知識―相続人と相続分・遺産の範囲・遺産分割・遺言・遺留分・寄与分から戸籍の取り方・調べ方、相続登記の手続・相続税まで

吉岡 誠一 日本加除出版 2015-12
売り上げランキング : 411996
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で