東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

「親が亡くなり、不動産登記の名義を
変えたいのですが、どんな書類が必要
ですか?」


相談者からよく聞かれる質問です。


このブログでも何度も書いていますが、
大事なところなので、繰り返し紹介します。


その1では不動産全部事項証明書と
戸籍謄本について書きましたが、
今回はその続きで、住民票
遺産分割協議書について書きます。



相続登記 登記で必要となる書類は何ですか?


不動産を承継する人の住民票と被相続人の住民票除票等


まず、所有権移転登記では、不動産をもらう
人の住民票が必要です。


相続登記の場合は、住民票が必要となるのは
不動産を承継する人になります。


住民票ですが、本籍地が記載されている
ものが必要です。


戸籍謄本を相続登記で添付しますが、
本籍地入りの住民票を添付することで
この人が相続人であると特定する必要が
あるために住民票には本籍地入りのものが
必要となるのです。


なお、住民票には個人番号(マイナンバー)
を記載しない
ものを取得してください。


さらに、被相続人については、
被相続人の住民票の除票が必要です。


不動産の登記事項の住所と亡くなったときの
住所が一致することで、被相続人であること
を特定するためです。


ただ、住民票の除票の保管期間が亡くなって
から5年で廃棄されるので、もし、住民票の
除票が手に入らなければ、戸籍の附票
取得します。


法定相続分の修正のために必要となるもの 遺産分割協議書


被相続人が亡くなると、相続人に相続財産が
承継されます。


なので、不動産も法定相続分に従い、
共有状態となります。


しかし、誰か一人に不動産を承継させたい
場合、遺言書がなければ、遺産分割協議
する必要があります。


その協議で決まった内容を書面にしたのが
遺産分割協議書です。


協議書には、相続人全員の署名もしくは
記名し、実印にて押印し、印鑑証明書を
添付
します。


相続人全員で協議する必要があり、誰か
一人でも欠けていた場合、遺産分割協議は
無効となります。


戸籍謄本等で全ての相続人を調査したうえ
で遺産分割協議を行う必要があることを
確認してください。

まとめ


今回は、相続登記で添付する書類のうち
住民票と遺産分割協議書について書きました。


参考にしていただけると幸いです。


今回は
『相続登記 登記で必要となる書類は
何ですか?(その2)』

に関する内容でした。


YouTube動画でも解説していますので、ぜひ御覧ください。

 


参考書籍

相続登記の全実務―相続・遺贈と家事審判・調停

田口 真一郎,黒川 龍 清文社 2014-07
売り上げランキング : 776620
by ヨメレバ
〔補訂版〕相続登記申請MEMO

青山 修 新日本法規出版 2016-07-27
売り上げランキング : 178005
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で