東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

「相続開始前ですが、悩みを抱えています。
誰に相談すればいいのか教えて欲しい」


相続について、相続開始前の相談なのか、
相続がすでに発生していて、各々の手続きに
ついての相談なのか、それによっても
異なります。


誰に相談すればいいのかを
私の視点からまとめてみました。


今回は相続開始前の相談について
書きます。



専門家に相続開始前の悩みの相談をしたいのですが・・・


相続開始前の相談 誰に相談するか?


相続開始前の相談について多いのは?

 

  • 相続税は発生するのか?
  • 遺言書を書きたい
  • その人に財産を渡したい(もしくは渡したくない)
  • 相続人は誰なのか


など、多岐に渡ります。


さらに経営者であれば、事業承継も絡んで
くるのでより複雑になります。


もし、誰に相談すればいいのか分からない
場合、司法書士・行政書士に相談すると
いいでしょう。
 

相続税であれば税理士が適任です。


相続の問題については、色々複雑な事情も
絡んでくることも多く、その士業だけでは
解決できないこともあります。


その場合、まず知り合いの士業に相談して、
そこから知り合いの別の士業を紹介して
もらうこともできますので、
まずは自分の知り合いの士業から声を
かけてみるのもいいでしょう。


もしくは自分の友人に司法書士などの
知り合いを紹介してもらうのもひとつの
手です。


私も、友人・知人から紹介を受けて相続の
手続をしたことも多くあります。


どういう相談なのか事前にまとめておく


仮に司法書士に相談することが決まった場合、
どうすればいいのか?


自分の相続が開始したらどんなことが起こり
そうか事前にまとめておくといいでしょう。


当然司法書士の業務の範囲内であれば
アドバイスをすることが可能でしょう。


ただ、業務の範囲外のことも出ることが
あります。


その場合は、先程書きましたが、
知り合いの税理士とかとタッグを組んだり
紹介したりします。


最近は、予防法務といって、あらかじめこの
問題が起きそうな場合、事前に解決しておき
その後に備えるという発想があります。


相続で言えば、相続人間の争いや税金問題が
あてはまります。


なので、相談する際には、事前にこういう
事情があるということはお話されると
いいでしょう。


当然、ある業務を受託した後でも疑問点が
生じたら、質問をぶつけても問題ありません。


「専門家に任せる」ことも大事ですが、
なんでも自分のわからないまま進んでいく
のも問題なので、ぜひ疑問を専門家に
悩みをぶつけてください。

まとめ


今回は、相続開始前に相談したい方向けに
どうすればいいのか、誰に相談すればいい
のかを私見を述べさせて頂きました。


相続開始後の相談についても、
改めて書いていきます。


今回は
『専門家に相続開始前の悩みの
相談をしたいのですが・・・』

に関する内容でした。


参考書籍

これだけは知っておきたい相続の知識―相続人と相続分・遺産の範囲・遺産分割・遺言・遺留分・寄与分から戸籍の取り方・調べ方、相続登記の手続・相続税まで

吉岡 誠一 日本加除出版 2015-12
売り上げランキング : 439075
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で