東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


相続登記で、

「遺産分割協議書のを作成は難しいか?」

とか

「印鑑は何の印鑑で押印するのか」

とか質問を受けます。


遺産分割協議とはそもそも何か?
遺産分割協議書はどう書くのか?


今回は相続登記の申請の際にもちいることが
多い「遺産分割協議書」について書きます。



相続登記 遺産分割協議書はどのように作成するのか?


遺産分割協議って何?


例えば、亡くなった方が不動産を
所有している場合、原則は相続人全員が
相続分割合に応じて共有します。


しかし、不動産は分けることができず
共有状態だと権利関係が複雑になり、
トラブルになります。


遺言があり、不動産は誰が相続するのか
書いてあればいいですが、たいてい
遺言書はないので、誰か一人に相続させたい
場合は遺産分割協議をします。


話し合っていただき、その結果を書面にした
ものが「遺産分割協議書」になります。


遺産分割協議書は相続人全員が関与する必要があるのか?


遺産分割協議は相続人全員が関与して
はじめて成り立つものです。


一人でも欠けてしまった場合は遺産分割協議
自体無効
になってしまいます。


私が最近危惧しているのは、離婚が増えて
きて、相続関係が複雑になること。


自分の親が亡くなっていざ遺産分割協議を
しようと戸籍を辿っていったら、知らない
相続人が出てきたというケースがあります。



遺産分割協議書に押印する印鑑は?


遺産分割協議書はお互い話し合って決めた
結果を証する重要な書類です。


なので、記名押印よりはきちんと自署する
ことが大事
です。


登記申請の場合は、本当に話し合いで決めた
のかを証明するために実印の押印と
印鑑証明書の添付
が必要です。


印鑑証明書については有効期限の定めが
ないので、かなり前取得した印鑑証明書を
添付することもできます

(当然印鑑証明書に記載されている住所と
現在の住所が一致していることが条件です。)


実印を押印するかについては若干問題
があります。


登記では当該相続登記の申請に係る
登記申請人、つまり申請に係る不動産を
取得した者の印鑑証明書は不要。


そして、他の共同相続人については、
遺産分割協議書に押印した印鑑についての
印鑑証明書を添付しなければなりません。


ただ、遺産分割協議書につき相続人全員の
印鑑証明書を添付するとの見解もある以上、
実務では、遺産分割協議書には相続人全員が
署名して実印を押印し、印鑑証明書を用意
するのが通例
です。


相続人ごとに遺産分割協議書を作成することができるか?


遺産分割協議書は相続人全員が一枚の
用紙に署名・押印等をする必要があるので
しょうか?


登記先例では、同一内容の遺産分割協議書を
相続人の数だけ作成し、各1通ごとに
各相続人が署名押印したものを全部提供した
場合は、相続登記は受理される
ことになって
います。


なので、話し合いのために相続人全員が
遺産分割協議に納得したのであれば、
なかなか一同に会する時間が取れないときは
相続人ごとに同一内容の遺産分割協議書を
作成して押印すればいいでしょう。

まとめ


相続を原因として不動産の名義を変えたい
場合、相続人全員で話し合いによる方法を
採用した場合のことを書きました。


以上の点に注意して、遺産分割協議を行い、
書類を作成してください。

今回は
『相続登記 登記手続で不安なことは?』
に関する内容でした。


参考書籍

ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 相続登記のしかたがよくわかる本

鎌田 幸子 ソーテック社 2016-06-18
売り上げランキング : 72566
by ヨメレバ
相続登記申請MEMO

青山 修 新日本法規出版 2015-03-09
売り上げランキング : 140079
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!~徒然なるままに・・・メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で