東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


今回は相続に関するお話。


「親よりも子供のほうが心配?~
最近の相続の相談を受けて」
というブログを先日書きました。


そうしたところ、
「子供が税金を払うから
やっぱり心配になる」

旨のコメントをいただきました。


子供が税金を払う立場になるから
きちんと相続対策を親が考えることが
本当に大事だということを親がもっと
意識すべきではないかと思うのです。



子供の立場から相続を考える~親から子への相続対策


子供のことを考えることが相続対策の第一歩


子供が自分の病気を気に家族のことを
考えて遺言書を書いた。


そのことを親に話したら、親は何も
対策を講じなかった。


親は子供の言うことに聞く耳をもたない
ことも多いです。


特に相続は暗い話になるから、なおさら
その傾向があるようです。


しかし、親はテレビや相続対策のセミナー
を受けると相続のことを真剣に考える。


もしくは知り合いとかが相続で何か
トラブルが起きた時に、自分は大丈夫か
と思い慌てて対策を始める。


何か刺激を受けない、とりわけ相続は
親世代は
動きづらい

ということを知っておくことが、
子供が相続のことを話す時に大事になって
きます。


相続のことを何もしてこなかったら・・・困るのは子供


前回のブログで「空き家問題」のことを
書きました。


核家族化が進むと、親が住んでいた自宅を
どのように処分するのか、悩ましい問題が
でてきます。


将来自宅をどうしたいのか、そのことを
念頭に考えていかないと、処分できず
自宅を放置してしまう・・・


面倒な問題になってしまうことは、
考えるべきでしょう。


これから住宅を購入することがある場合に
何年住むのか、自分たちの次の世代の
ことを考えることも、相続・空き家問題の
観点から考えるのも必要になるでしょう。


場合によっては、今の自宅を信託すると
いうことも案としてありでしょう。



まとめ


相続の問題は自分だけの問題ではない。
特に子供に影響を与える。


子供が親の財産の処分をしたり、
相続税を負担しなければならないのだから
大変である。


親世代の方はこのようなことを意識する
ことが大事です。


最近は「信託」で空き家を減らす動きも
あるようです。


いずれにしても、相続は自分の問題では
ないことを意識
したほうがいいでしょう。


参考書籍

空き家にさせない!「実家信託」

杉谷 範子 日本法令 2016-12-08
売り上げランキング : 65944
by ヨメレバ


日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で