東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

 

はじめに


相続登記を申請する際に、
必要となる書類として、
戸籍謄本等があります。


さらに、住民票と住民票の除票が
必要ですが、なぜ必要なのか
今回書いていきます。

a0002_011008

住民票が必要となる理由は?


相続登記申請の際、
名義人となる方の住民票が必要です。


本当に実在している人物か
確認するためのものです。


なお、相続登記の際に添付する住民票は、
本籍地と続柄の記載されているものを
取得してください。


相続登記の際、相続人の戸籍謄本を
添付します。


戸籍に記載されている本籍と
住民票に記載されている本籍とが
一致しているかをみるためです。


なお、法務局ではマイナンバーが
記載された住民票は添付しないように
注意してください。


その点も注意してください。

a1180_014454

住民票除票を添付する理由は?


亡くなった方の住民票の除票を
添付します。


登記簿に記載されている住所と
亡くなった時の住所が一致しているか、
また戸籍謄本と一致しているかを
確認するためです。


住民票の除票には本籍を記載してもらう
ことを忘れないようにしてください。

 

住民票除票を添付できない場合はあるの?


住民票除票を添付しなければなりませんが、
添付できない場合もあります。


住民票は亡くなってから5年が経過すると
発行できなくなります。


なので、相続登記を放置していた場合は
住民票除票は添付できません。


この場合は戸籍の附票を取得します。


戸籍の附票は、本籍地所在地の市区町村
役場で入手可能です。


戸籍の附票は、住所の履歴が記載されて
いるものです。

organizer-791939_1920

登記簿の住所と亡くなった時の住所がつながらない・・・


中には、住所を転々と移転していたため、
住民票除票を取得しても、戸籍の附票を
取得しても登記簿の住所が記載されて
いないことがあります。


その場合は、不在籍証明書・不在住証明書
を取得
することになります。


さらには、登記済権利証を相続登記の際に
添付することもあります。


これに該当することになった場合は、
管轄法務局に確認しましょう。

写真 2015-01-13 16 23 03

まとめ

相続登記に際し、なぜ住民票と住民票除票
を添付するのかおおまかに書きました。


亡くなった方が住所を転々と移転している
場合は、もしかしたら住所がつながらない
こともあります。


分からなくなったら司法書士に
相談して対応するのもありです。


参考書籍

相続登記の全実務―相続・遺贈と家事審判・調停

田口 真一郎,黒川 龍 清文社 2014-07
売り上げランキング : 658281
by ヨメレバ


お知らせです!


メルマガ始めました。


極力ブログと同じ内容を書かないように
努めています。


つまり、ブログでは書けないことを
メルマガで書いています。


下の登録フォームから是非登録をお願いします。

 

司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!メルマガ登録    

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で