東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

木場・東陽町
以前は住宅地というイメージしかなかった
ところ。


近時、オフィスが多く存在し、西船橋方面
の電車も朝の時間混むようになりました。


なぜこんな地域にオフィスができるのか
私なりに考えてみました。


木場 東陽町 東京メトロ東西線の本店狙い目地域!


都内からも近く、家賃が安い?

木場も東陽町も東京メトロ東西線で大手町
まで10分程度。

意外と近いのです。


大手町や日本橋でテナントを借りると
かなりのいい値段になります。


しかし、都心からわずか10分という近さで
家賃も安ければ、本店所在地しては
適している地域といえます。


所在地は「江東区」となり、会社が多くある
「港区」「千代田区」「中央区」と比べると
一般の方はイメージが持てないかも
しれません。


しかし「江東区」はこれから発展する地域が
多い場所もあり(何かと話題の豊洲など)、
新しいことを始めるには適している地域でしょう。


都心から東側の地域は開発がこれから だから狙い目!

都心から西側の地域は既に成熟している地域
で開発が難しい。


しかし、都心から東側の地域は、古い工場や
建物が多くそこに空地が多くある


だから、これから開発され、新しいビジネス街や
マンション等の居住地域も増えてくるのです。


木場のキャザリア深川や東陽町のイースト21など、
ビジネス街とショッピングモール機能が合体した
複合商業施設が代表例です。


平日はビジネス街、休日は家族連れの街と
なり人の流れが絶えず存在する場所に
木場と東陽町は変わりつつあります。


木場だと近くに東京都現代美術館や木場公園
もあり、環境にもいいところです。


東陽町は、東側はマンションが多く、職場が
近いと便利さは格段に上がるでしょう。


本店オフィスを探しているのであれば 木場・東陽町は注目!

最初はこじんまりした会社ではあったが、
規模拡大でそれなりのスペースが必要に
なった。


その場合は、木場や東陽町は狙い目では
ないかと。


都心に比べても家賃は安く、最近はビジネス
街になりつつあるので、ランチとかも
しやすい地域になっています。


また、大手町方面から通勤する場合、
混雑度はそんなに高くないので、
通勤しやすい環境にあります。


木場駅はホームの両端に出口があり、
ラッシュ時間帯は激混みになっていますが、
現在工事が行われていて、混雑が緩和される
ものと期待されています。


東陽町は豊洲と住吉を結ぶ地下鉄ができると
さらに発展する可能性がありますが、
この地下鉄はいつ実現するかは分かりません。


ただ、将来性を見越して、大きい事務所なり
オフィスを構えたいのなら、木場や東陽町は
注目すべきです。



まとめ

今回も私の独断と偏見で書きました。
木場と東陽町、これからビジネス街として
発展していく可能性の高い地域です。


新橋とか違ったビジネス街をこれから
構築していくものと思われます。


会社設立して、次のオフィス候補として
起業家の皆様は検討してみてはいかがで
しょうか?


今回は
『木場 東陽町 東京メトロ東西線の
本店狙い目地域!』

に関する内容でした。
 

参考書籍

沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿 (SB新書)

首都圏鉄道路線研究会 SBクリエイティブ 2016-08-06
売り上げランキング : 14040
by ヨメレバ
駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿 (SB新書)

首都圏鉄道路線研究会 SBクリエイティブ 2017-05-08
売り上げランキング : 12808
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で