東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

今回は鉄道日記。


都内から比較的近くにある鉄道
流鉄流山線


千葉県松戸市の馬橋から流山市の中心部
流山まで距離も短い路線。


つくばエクスプレス線ができるまでは
沿線から多くの利用がありました。


つくばエクスプレス線ができて廃線の
危機はありましたが、現在ものんびりと
走っています。


今回は仕事で流山にいくついでに利用
したので、その時の日記を書きます。


流鉄流山線に乗ってきた 都内から近いローカル線


幸谷駅から流山駅に向かって出発!


今回は馬橋の次の駅、幸谷駅から流山駅
まで行きました。


幸谷駅はJR武蔵野線・常磐線各駅停車
新松戸駅と離れていないところにある駅。


ただ、流鉄流山線もJRも相互に乗換駅
案内をしていません。
なぜかは分かりませんが・・・



幸谷駅へいくには、わざわざ踏切を渡る
必要があります。


新松戸駅との乗り換えをもっと
便利にすればいいのですが・・・
マンションの下に駅があると
なかなか変更するのもむずかしいかも
しれませんね。


車両は元西武新101系


流鉄流山線は大手私鉄、特に西武鉄道で
使われていた車両を使っています。


現在使われている車両は元西武新101系


各編成カラーリングが異なっているので
いくたびに違う車両に乗れるので楽しみ
ですね。


ちなみに私が流鉄流山線に乗ったときは
赤と青の編成が走っていました。


流鉄流山線のダイヤはどうなのか?


朝方や夕方は本数は比較的多めですが、
日中は20分おきの運転。


乗客数のことを考えると20分間隔で
ちょうどいいかもしれません。


幸谷駅から流山駅まで10分足らず。
本当に近いですね。


ちなみに流鉄流山線内はSuicaやPASMOは
使えません


切符を購入するところもなんだか
懐かしい印象を受けてしまいます。

まとめ


関東近辺で一番近いローカル線である
流鉄流山線。


すべての区間に乗っても10分くらいで
料金も片道200円ほど。


ローカル線を都内から近くで楽しめる
流鉄流山線、ローカル線好きな方は
ぜひ乗ってみてはいかがでしょうか?

今回は
『流鉄流山線に乗ってきた 都内から近い
ローカル線』

に関する内容でした。

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で