東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


京成3500形。
ステンレス車両の4両編成。
昭和47年に登場して今年で45年。


一部の車両は車体更新されましたが、
未更新車両は3000形に置き換わってしまい、
とうとう3500形未更新車が引退するとの
情報が。


京成が4両編成を走らせている区間は
日中は金町線のみ。


そこで、3500形の最後の勇姿を見に、
京成金町線へ行ってみました


表紙写真は金町駅踏切付近で撮影して
います。


京成3500形未更新車引退!最後の勇姿をこの目で・・・


金町線の始発駅京成高砂駅へ行ってみると・・・


京成金町線は日中15分間隔。
日中2編成使用していて、柴又駅で
交換しています。


なので、京成金町線で未更新車両が
いちばん見ることができるだろうと
思い行ってみることに。


早速京成高砂駅に行ってみると、
なんと、ホームには3500形未更新車両
が停車しているではありませんか。


なんとラッキー、いきなり巡り合うことが
できました。


早速撮影・・・

3500形未更新車のラストランを見ようと
駅には鉄道ファンが多くいました。


考えていることは同じですね(笑)。


3500形未更新車で金町へ・・・


京成高砂駅で写真撮影が終わり、
3500形未更新車に乗車。


車内は撮影しませんでしたが、
未だに扇風機があるのに時代を感じます。


そして電車は金町に向かって出発!


のんびり下町を走る金町線。
寅さんでおなじみ、柴又駅を通り、
終点の金町駅。


沿線には3500形未更新車の最後の
勇姿を見ようと鉄道ファンがカメラを
構えている姿をみました。


京成高砂から金町まで
わずか4分程度の乗車。


金町駅で降りて3500形未更新車を撮影


改札をとおり、金町駅付近にて3500形
未更新車を撮影。

撮影を満喫後、同じ車両で京成高砂駅に
戻って3500形未更新車での旅は終了。


3500形未更新車の最後の勇姿を
撮影できて満足でした。



まとめ


車内を見るとまだまだ活躍できそうですが、
京成が4両編成を減らしていて、さらに
新型車両の登場で今回で引退。


しょうがないですね・・・


ただ、3500形更新車はまだまだ活躍する
とのこと。


なので、しばらくは3500形自体は
乗る機会がありそうです。


今回は
『京成3500形未更新車引退!最後の勇姿を
この目で・・・』

に関する内容でした。
 

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で