東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


何がおきてから対処すると選択肢が
狭まる。


もしくは無用な争いで疲弊してしまう。


最近個人相談を受けているともっと早い
段階で相談に来てもらえればと思う
案件が多いです。


これは個人だけではなく、法人にも
当てはまるのです。

notebook-428293_1280

事件がおきてからでは遅い 「予防法務」であらかじめ対策を!


個人の「予防法務」の代表といえば・・・


私は「相続」が「予防法務」の代表格だと
思っています。


先日のウエブ心理塾祭りの際にも、
実際に相続がおきてはじめて慌てたという
声を聞きました。


そんな複雑な家族関係でなく、
単純に相続ができていればいいのですが、
離婚なり、兄弟間の仲が悪かったりすると
たちまち相続開始時に問題がでます。


あとは相続税についても「予防法務」の
ことが言えるでしょう。


何もしていないと相続税が予想以上に
発生する。


ただ、アパートをむやみに作り、
アパートローンで節税を図ったが、
結局はローンだけが残った・・・


色々シュミレーションを立てて、
今からできることは対策を立てるべきです。


法人の場合も「予防法務」は大事です


個人よりも法人の方が「予防法務」は
大事です。


会社設立前段階からどういう問題が
起きそうか予想を立て、早めに対策を
講じることが重要です。


例えば人を雇うのであれば、雇用関係を
どう構築していくか、人を雇った時
どういう問題が起きそうか予想しておく、
その予想を元に動くことが大事です。


さらに、会社については、承継問題が
大きなヤマです。


誰にどう継がせるのか、相続対策も
視野に入れ、早めのうちに問題点を
洗い出すこと。


人間と違い、会社は永久に続くもの
しかも従業員やその家族、取引先など
周りに与える影響は大きいです。


これこそ「予防法務」のひとつと
言えるでしょう。

clock-163202_1280

まとめ


「予防法務」はまだまだ自分は大丈夫、
後回しにしてもいいと思っていること
ばかり。


ただ、それがいつ来るかは分かりません。


危機管理能力の一つといえるでしょう。


慌てないためにも「予防法務」で
今からできることは個人・法人レベルで
考えてみてはいかがでしょうか。


参考書籍

これだけは知っておきたい相続の知識―相続人と相続分・遺産の範囲・遺産分割・遺言・遺留分・寄与分から戸籍の取り方・調べ方、相続登記の手続・相続税まで

吉岡 誠一 日本加除出版 2015-12
売り上げランキング : 123665
by ヨメレバ
種類株式&民事信託を活用した戦略的事業承継の実践と手法

河合 保弘 日本法令 2015-04-03
売り上げランキング : 134357
by ヨメレバ

ブログに載せられなり実務の情報も満載!
日々の思っていることを書いている
「司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!」
メルマガ登録登録はこちらから!
  

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で