明けましておめでとうございます!


新年明けましておめでとうございます。
本年もかわらぬご愛顧のほど、
宜しくお願い致します。


自分の事務所は共同事務所ですが、
個人事務所の補助者は今年はおりません。


早く人を雇えるくらいになりたいと
思っています。


今年は民法をはじめとする法律に影響が出る年


昨年、国会に提出される予定だった民法の
改正案。


様々な事情があり、昨年は提出
されませんでした。


今年の通常国会で、民法改正案が提出され、
国会で議論されるでしょう。


民法改正は、国民生活にも多大な影響を
及ぼすでしょう。


こちらでも研究を重ね、情報発信
する所存です。


会社法改正からも10年経過


今年5月に会社法が改正されてから10年が
経過します。


改正時には商業登記申請も混乱し、
登記が完了するまで1か月以上要しました。


あれから10年。
今年は役員改選が多い年になると思います。


昨年に商業登記規則が改正され、
さらに会社法も改正させています。


実務上影響が出る改正なので、
ちょっと混乱しそうな気がします。


特に役員の任期を10年にしている会社は
登記漏れがないよう、再度自分の会社の
登記事項証明書を取得して確認するように
してください。


株式会社の場合、登記申請を忘れると、
最後に登記をしてから12年が経過すると
みなし解散登記を法務局に勝手にされて
しまいます。


その辺りは気をつけ、分からなければ
早めに司法書士に相談することをオススメ
します。


まとめ


今年も私自身多くのお客さまに法的な
サポートをしていく所存であります。


特に会社法・企業法務分野には
今後にも力を入れていきたいと
思います。


本年も宜しくお願い致します。

現在読んでいる民法改正の本です。

要点解説民法改正―企業法務への影響度がいち早くわかる

渡邉 新矢 清文社 2014-11-28
売り上げランキング : 42421
by ヨメレバ

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で

Comments

comments