東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

相続登記で必要となる書類の一つに
戸籍謄本があります。


被相続人の生まれてから亡くなるまでの
戸籍謄本を全て取得します。


これは相続人は誰であるかを確定する
ために必要です。


戸籍謄本を取得する時、「改製原戸籍」
というのに出くわすことがあります。


この「改製原戸籍」とは一体何なので
しょうか?



相続登記 改製原戸籍って何ですか?


戸籍はなぜ新様式になっているのか?

今、あなたが戸籍謄本を取得すると
コンピューター化された証明書が発行
されてきます。


つまり、コンピューターシステムで
扱うことができる旨の指定を受けた
市区町村はそのシステムに対応する
戸籍にしなければなりません。


指定を受ける前の戸籍はどうなるのか?
いわゆる紙の戸籍はなくなるのか?
そうなると生まれるまでの戸籍は
遡れなくなります。


そこで、コンピューター化される前の
紙戸籍は改製原戸籍として存在することに
なるのです。


戸籍の改製とは、戸籍法や戸籍法施行規則
の改正により戸籍の様式又は戸籍の編製
基準が変更された場合に、旧法の規定に
よる戸籍を新法の規定による戸籍に編製
替えすることをいいます。


改製後の新様式に書き換えられた従前の
戸籍を改製原戸籍といいます。


最近の改製原戸籍はいつに行われたか?

先ほども書きましたが、コンピューター
システムを用いる戸籍事務を処理するため、
紙で作られていた戸籍をデータ化する
必要が出てきました。


この紙媒体の戸籍が改製原戸籍になります。


なので、どうしても生まれてから亡くなる
までの戸籍謄本を取得するときは、
多くの方がコンピューター化前の紙媒体の
戸籍を取得することが多いです。


改製原戸籍は750円手数料がかかるので、
しょうがないといえばしょうがないですが。


あとは、昭和20年代に戸籍法の改正に
伴い、大正4年式の戸籍が改製されたりして
います。


なお、明治5年式戸籍(壬申戸籍)は、保存
期間を経過してしまうと廃棄手続がされて
いますので、場合によっては出生まで遡る
ことができないこともあります。



まとめ

転籍や婚姻等で新たに戸籍が出来ますが、
戸籍法の改正で、新たな戸籍の様式が
できる場合にも、戸籍ができるという
ことを覚えておくといいでしょう。


なので、自分が生まれてから亡くなるまで
の戸籍を取ると、改製原戸籍がでてくる
可能性がありますが、これは戸籍法が
変わったからでてきたと思ってください。


今回は
『相続登記 改製原戸籍って何ですか?』
に関する内容でした。


お知らせ

下記内容のDVD・CDが発売されました。
企業法務に携わる先生方にオススメです!


平成27・28年施行 改正会社法・商業登記規則 役員変更登記の注意点


参考書籍

これだけは知っておきたい相続の知識―相続人と相続分・遺産の範囲・遺産分割・遺言・遺留分・寄与分から戸籍の取り方・調べ方、相続登記の手続・相続税まで

吉岡 誠一 日本加除出版 2015-12-01
売り上げランキング : 600700
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で