東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

以前、公正証書遺言を書けば大丈夫だと
思っていないかという内容のブログを
書きました。


そもそもなぜ遺言を書かないと
いけないのかをしっかりやっておかないと
遺言を書く意味はありません。


そもそも自分の亡くなることを考えること
自体まだタブーの人も多いのも事実。


遺言を書けば誰がハッピーになるのか
その観点で今回は書いていきます


今まで似たり寄ったりの内容のブログに
なると思いますが、重要なことなので
繰り返し紹介します。



遺言を書けばハッピーになれるのか?


遺言は誰のために書くのか?

遺言を書くのは誰なのか、当然財産を
渡したい人になります。


その人が遺言を書くことが後ろ向きの
場合、どうすれば書いてもらえるのか?


遺言を書いてほしい推定相続人と
書くのに躊躇している遺言者。


遺言者は、自分が亡くなった後は
財産は仲良く分けてもらえるものだろう、
自分は財産が少ないから大丈夫だろうと
思っている部分があるかと思います。


相続人のひとりは親の財産を当てに
している方もいるはず。


そういう家族環境をどう調整するのか
それが遺言の果たす役割なのではと
思うのです。


遺言は誰のために書くものか?


私は遺言をする人、譲り受ける人双方が
ハッピーになるのが遺言書の役割だと
考えています。


専門家が遺言書のことをいうと、どうも
「財産」ばかり気を取られ、法的側面に
目が行く傾向になります。


確かに自筆証書遺言は、法律で書かれて
いるとおりに記載しないと、せっかく
書いた遺言が無効になるリスクがあります。


まずは、自分が亡くなった後、
相続人にどうなったらいいか、自分の
思いを書き連ねることがいいです。


「ココロ」の相続からスタートしていく
のです。


いきなり法律の要件で遺言を書いていくと
ハードルが高くなり、途中で嫌になる
と思うのです。


遺留分のこともありますが、まずは自分の
亡くなった後、どうなったらいいのか
しっかり軸を決めておく。


これは付言事項を書くときにも役に立つ
ので、ぜひやってほしいのです。


その後は財産の分け方など、法的側面で
考えるといいでしょう。



まとめ

どうしても遺言を書くというと抵抗が
ある方が多いです。


まずはそのハードルを下げるために、
自分の思いを書き連ねてみる。


遺言をしておくことで相続人にも安心
出来るということを覚えておくといい
でしょう。


今回は
『遺言書 遺言を書くと誰がハッピーに
なるのか?』

に関する内容でした。


こちらのブログも合わせてご覧ください。

公正証書遺言を書けば大丈夫だと思っていませんか? | 司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ) 

参考書籍
 

レッツ遺言セット―誰でも作れる遺言書

司法書士相続遺言センター 全国官報販売協同組合 2014-03-01
売り上げランキング : 841557
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で