東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

遺言の方式には

・公正証書遺言
・自筆証書遺言
・秘密証書遺言

があります。


よく遺言でトラブルになるのは、
遺言の効力に関すること


本当に遺言者の意思がある時に遺言書を
書いたのか
というのが問題になることが
あります。


最近では公正証書遺言でもトラブルが
増えているようです。



公正証書遺言を書いても争いに・・・遺言書作成は元気なうちに!


遺言能力のある段階で遺言を書いたかどうか

公正証書遺言の場合、公証人が遺言者の
門前で遺言の内容に間違いないかを確認し
証人2人立会のもと行われます。


立会の前に、遺言者と内容を確認して
公証人とやり取りをするのが普通です。


遺言書を作成するにあたり、司法書士や
行政書士が作成のお手伝いをし、遺言者
に話を聞きながらやっていきます。


最近裁判沙汰になるのは、遺言者が遺言書
作成当時、遺言する能力があったかどうか。


公証人も作成された遺言書を遺言者に
読み聞かせ、内容が理解できたら公正証書
にするので、問題は起きないはずなのに
トラブルになっているケースが散見され
ます。


遺言書を作成するのは元気なうちに!

遺言書を作成するのは、早い段階から、
しかも元気なうちに作成すべきです。


一番自分の思い通りに財産が承継され、
自分が亡くなった後も揉めごとになる
リスクが減るからです。


特に、自分が離婚した場合とか、遺留分
権利者がいない場合は遺言書は作成すべき
です。


世の中には遺留分権利者がいるから
それに配慮した遺言を作らないといけない
とかいう専門家もおります。


確かに、遺留分権利者に配慮する必要は
ありますが、権利関係を複雑にした遺言は
かえって残された方々に迷惑をかける
恐れがあります


自分がどのような思いで遺言書を書くのか
それを書面に残すことが実は大事なこと
なのです。



まとめ

遺言書は元気なうちに!
残された方々がトラブルに巻き込まれない
ようにするのが、遺言者の最後のつとめ。


その意思がしっかり出るような遺言書を
作成することが重要です。


それが出来るのは、自分が元気なうち
だけです。


今回は
『公正証書遺言を書いても争いに・・・
遺言書作成は元気なうちに!』

に関する内容でした。


参考書籍

改訂 遺言条項例 300&ケース別文例集

NPO法人 遺言・相続リーガルネットワーク 日本加除出版 2017-02-03
売り上げランキング : 110403
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で