東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

「相続、自分のところは問題ない」
そう思っているあなた!


実は財産ばかりではなく、最近の家族の
多様化も相続で大きな問題になっています。



相続問題 家族の多様化で様々な問題が・・・


離婚の増加で思わぬ人が相続人に・・・

最近は離婚が増加して、家族関係が複雑に
なっています。


前婚で子供がいて、そのことを気づかずに
遺産分割協議をしたとか、遺言書を書くと
後々トラブルのもとになります。


相続開始後に気づくとほぼ手遅れといって
いいでしょう。


あなたの相続人は誰なのかはあなた自身しか
知らないこともあるのです。


ここで包み隠してしまうと、残された相続人
に迷惑がかかってしまいます。


墓場まで持っていきたい気持ちはわかり
ますが、残された相続人のことを考えて
早めに相続対策を講じるべきです。


遺留分制度がさらに相続をややこしくしている

日本には、相続人の生活のことを配慮して
遺留分制度があります。


これを契機に相続のトラブルが発生している
ことが実に多いのです。


遺言を書くにしても、遺留分に配慮しな
ければなりませんし、先の離婚の際の子供
のことなど、色々考えないといけません。


今度の相続税改正でも遺留分については
議論されているようですが、遺留分そのもの
はなくなる予定はありません。


家族関係が複雑化していく中で遺留分を
どう考えるか、これも相続開始前に考え
ないといけない問題です。


相続人以外の人に財産を渡したいが・・・


自分の子供に財産を渡したくない・・・
そのように思っている方もいるでしょう。


そうなると、遺言で財産を誰に渡したいか
記載しておく必要があります。


ただ、先程も書きましたが、遺留分の問題
もあるので十分注意してください。


自分の相続人が兄弟姉妹のみの場合は、
遺留分の問題は発生しないので、この場合は
遺言でしっかりケアしておくことが重要です。


見ず知らずの人に渡すくらいなら寄付したい
その思いが強い方は、ぜひ遺言を活用する
ことを考えてください。



まとめ

家族関係の複雑化により、相続問題も複雑化
していています。


争いになるのは、相続開始前にきちんと対策
を講じてこなかったから。


自分の死後のことなど後ろ向きのことを考え
たくない方も多いでしょうが、残された
相続人のことを考え、早めの相続対策を
することがお互いハッピーになります。


今回は
『相続問題 家族の多様化で様々な問題
が・・・』

に関する内容でした。


参考書籍

身内の相続で揉(も)めない悔(く)やまない50の処方箋

矢野敬之,金子明真,中山学史 中央経済社 2017-05-31
売り上げランキング : 55145
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で