東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

株式会社を設立するとき、
資本金をいくらにするか気にする起業家の
方が多いです。


以前もこのブログで資本金のことについて
は触れておりますので、ご覧いただければ
と思います。


さて、1株あたりいくらにしたらいいのか
これも起業家の方から質問を多くいただき
ます。


今回は、株式会社設立にあたり、
1株あたりの金額をいくらにすればいいか
書いていきます。



会社設立時の1株あたりの金額はいくらが妥当?


資本金の額で1株あたりの金額を決める

株式1株あたりいくらに設定したら
いいか?


以前は額面株式というのがあり、
1株あたりの金額は5万円と決まって
いました。


額面株式制度が廃止され、今では1株
あたりの金額はいくらでも良くなりました。
といっても1円以上ですが・・・


なので、資本金をいくらにするか、
会社の規模を将来どのようにしたいのか
によって1株あたりの金額を決めましょう。



会社設立時の場合1株あたりの金額が多いのは?

私も何社か株式会社を設立してきましたが、
一番多いのは、1株あたりの金額が1万円
です。


資本金の額が100万円だと、会社設立時
に発行する株式の数は100株になります。


資本金が100万くらいであれば、
1株あたりの金額が1万円が一番分かり
やすいと思います。


あと、同じくらい多いのは、1株あたりの
金額が5万円。


額面株式の時代の名残がまだ残っている
印象です。
資本金が300万円以上の場合で
あれば1株あたりの金額は5万円が
分かりやすいでしょう。


1株あたりの金額を定める際に注意して
いただきたいこと。


1株あたりの金額が大きすぎると、
新たに株式を発行するとき、出資額が
多額になり、出資しづらいことに
なります。


一方、1株あたりの金額を小さくしすぎる
株式が細分化しすぎてしまい、かえって
株式が分散化してしまい管理が面倒に
なります。



募集株式発行する際に1株あたりの金額に注意!

会社の規模が拡大したから募集株式発行
して増資したいという会社があります。


その際の1株あたりの金額ですが、
会社設立当初の発行価額でいいので
しょうか?


実は、会社の成長に伴い、1株あたりの
価値は変わってきます。

会社が成長して入れが、会社の価値が
高まり、1株あたりの価値が上がります。


設立当初の1株あたりの金額で
募集株式発行手続を行うと
税務上問題がでることがあります。


なので、会社設立後募集株式を発行する
ときは、必ず1株あたりの金額を算定して
発行するようにしてください。



まとめ

株式会社設立時の1株あたりの金額は
1万円もしくは5万円が多いということを
意識するといいでしょう。


あと、募集株式を発行する際は、
1株あたりの金額を必ず算定した上で
募集株式発行手続をしてください。


今回は
『会社設立時の1株あたりの金額はいくら
が妥当?』

に関する内容でした。


お知らせ

下記内容のDVD・CDが発売されました。
企業法務に携わる先生方にオススメです!
(9月の最新ベストランキング第2位に
なりました!)

平成27・28年施行 改正会社法・商業登記規則 役員変更登記の注意点



参考書籍

商業登記ハンドブック〔第3版〕

松井 信憲 商事法務 2015-05-20
売り上げランキング : 17849
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で