東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

ここ最近会社設立案件が増えています。
本当に喜ばしいことです。


私はこのブログで会社設立は簡素化に
向かって進んで行くが、その中で
定款はより重要になってくることを
伝えています。


ところで、定款に企業理念、経営理念を
記載することができるのかという問題が
あります。


あなたはどう思いますか?



定款に企業理念を入れることができるの?


なぜ経営理念・企業理念は大事なのか?

最初の打合せのときに、起業される方から
なぜこの会社を設立したのかヒアリング
します。


なんとなく法人化したいという方は、
間違いなく、数年後に会社自体存続しなく
なるでしょう。


熱い思いをもって会社を作って社会貢献
したいはずなのに、ただ単に会社を作りたい
というのであれば、お金と時間のムダです。


あなたが設立したい思い
それが軸になって会社経営が成り立っていく
のです。


さらに、これからは「個人の時代」となり、
法人化がさらに進んでいくでしょう。


そうなると経営理念・企業理念は大事に
なるのが分かるでしょう。


経営理念・企業理念が共感されるから応援したくなる

最近、資金調達の方法で注目されているのは
クラウドファンディング。


これはあなたの会社の事業に共感できるから
投資したくなるという仕組みです。


これからの会社経営で「共感」されなければ
生き残ることはできないのです。


「共感」こそが経営理念・企業理念なのです。


就職も、自分のやりたいことと経営理念が
マッチすれば、どんどん入ってくる時代に
なるだろうと思います。


定款に経営理念・企業理念を記載するか?

やっと今回のお題に入ります。
定款に経営理念を記載するかについて
記載すべきでないという意見があります。


いちど定款に記載してしまうと、変更する
には株主総会の特別決議が必要。


運営自体も時代によって変わってくる
から経営理念そのものを定款にいれるべき
ではないと考えているようです。


私はその意見も一理あると思いますが、
定款に経営理念を盛り込むべき
だと考える立場です。


そもそも、経営理念という軸や会社設立に
かける思いはそう簡単には変わらないはず
です。


軸がブレる経営をするから、会社が傾いたり
してしまい、会社を取り巻く方々に影響を
及ぼしてしまうのです。


柱がしっかりしているからこその会社経営。
企業理念を定款に載せるだけでも、言葉が
紙面(若しくはデータ)に残るので
忘れることはありません。


絶えず定款をみないと経営自体が成り立た
ないことを考えたら、定款に企業理念は
載せるべきだと私は考えます。


ちなみに、私の場合は定款の前文に
経営理念・企業理念を記載していますが、
今のところ、公証役場から訂正を求められた
ことはありません。



まとめ

これからの会社設立にあたっては経営理念・
企業理念をどう伝えていくかが重要です。


周りの方々に「共感」されてはじめて
会社の成長にもつながるでしょう。


ぜひ会社設立の際、定款に企業理念や
経営理念を記載してみてはいかがでしょうか。


今回は
『定款に企業理念・企業理念を
入れることができるのか?』

に関する内容でした。


お知らせ

下記内容のDVD・CDが発売されました。
企業法務に携わる先生方にオススメです!


平成27・28年施行 改正会社法・商業登記規則 役員変更登記の注意点

 

参考書籍

中小企業のための戦略的定款―作成理論と実務

司法書士グループLLP経営360° 民事法研究会 2008-06
売り上げランキング : 449585
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で