東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

先日、Yahooニュースをみていたら、
売上高は順調に推移しているのに、
急成長から資金繰りが追いつかず、
破産してしまった会社の記事を
見つけました。


なぜ、売上高は順調に推移しているのに
破産しなければならないのでしょうか。



会社設立 急成長しても資金繰りが悪化すると・・・


キャッシュがないと会社は回らない?

なぜ、売上高は順調に推移していたのに
破産しなければならないのか?


あくまでも私の推測ですが、売掛金が多く、
現金として入ってくるのに数ヶ月かかり、
現金がないから、従業員などに給料が
支払えない状況に陥ったのだと思います。


つまり、会社には現金・キャッシュが
ほとんどなかったのでしょう。


急成長の会社だと、売上ばかりが目に行き
通帳の残高とか気にしないことが多いのが
現実です。


これから起業される方は
「現金・キャッシュが何より重要である」
ことを忘れないでください。


会社の資金繰りを経営者は常に意識する!

「黒字倒産」という言葉を聞いたことが
ある方は多いでしょう。


なぜ会社は黒字なのに倒産してしまうのか?
実は黒字倒産は会計上起こりうることです。


物を購入するとき、当然支払いが発生
します。


そうすると在庫が発生します。
これらを販売するまでは、資産として
計上され、支出しないことになります。


資産であるため、会計上はプラス
になります。


また、売上が上がっても、すぐに収入には
ならず「売掛金」として計上することに
なり、現金が入ってきません。


売れている気がして、会計上は黒字だが
実際は手元に現金がないので、資金繰りが
悪くなり、破産に至るのです。


経営者は、会社の売上を上昇させることに
一生懸命で、経理のことは興味がない方も
多いです。


やはり、資金繰りがどうなっているのかは
経営者は絶えず気にするべきでしょう。


売上が順調に推移しているときこそ要注意!

会社を設立して、売上も上がっている。
規模を拡大しよう!


そう思っている経営者のあなた。
手元に現金・キャッシュ出来る資産は
どれだけありますか?


特に急成長している会社は、
出金が激しくなっている傾向があり、
手元に現金が少ないという事態も生じて
います。


事業拡大することは大いに結構ですが、
本当に今すぐしなければならないことか、
企業理念とあった事業拡大なのか、
あと、周りの環境の変化に順応しているか
熟慮した上で行うべきでしょう。



まとめ

まず、会計上の処理と現実の財布には
乖離があることを経営者は意識すべきです。


そして、会社に現金もしくは現金化しやすい
財産が常にあるかは考慮すべきでしょう。


無理に拡大路線でいくと大変なことに
なるので・・・


今回は
『会社設立 急成長しても資金繰りが悪化
すると・・・』

に関する内容でした。


参考書籍

財務3表図解分析法 (朝日新書)

國貞克則 朝日新聞出版 2016-10-13
売り上げランキング : 7630
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で