東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

(質問)
最初はこじんまりとひとり株式会社を設立した。

しかし、事業も順調に進み、規模も拡大、
将来は上場もしたい思いが強まった。

今からできること、将来考えないといけない
ことは何かあるのか教えて欲しい。


最初はこじんまりで規模をそこまで大きく
する予定がなかった起業家のあなた。


もし、事業が急成長し大きくしたい場合、
どのようにすればいいのでしょうか。



ひとり株式会社 会社設立後に規模を大きくしたい場合の注意点は?


資金調達をどうするか?


もし、あなたの手元金で始めた事業。
どんどん成長していき、規模も大きくなるに
つれ、資金を調達したい時、どうすれば
いいのか。


一番手っ取り早いのは、自己資金を投入して
資本金を増やすことでしょう。


または、金融機関から融資を受ける方法


さらにはあなたの将来性を見越して、
ベンチャーキャピタルが資本注入してくれる
ことも予想されます。


いずれにしても、資本金を注入し、株式を
発行するような場合、資本政策をしっかり
しておかないと、後々トラブルを引き起こし
ます


持株比率をどうするのかも含め、資金調達の
際には十分検討するようにしましょう。


会社内部の統制を図る


おそらく、会社設立当初、ひとり株式会社で
設立した場合、取締役と株主総会のみの機関
設計だったと思われます。


しかし、規模が大きくなれば、機関の構成も
変えていく必要があります。


なので、取締役候補・監査役候補になり
そうな人材を探す
ことも大事です。


規模が大きくなれば、取締役会も設置し、
監査役
も置く必要があります。


監査役も、会計限定監査役にせず、最初から
業務監査権限も含めた監査役
にすべきです。


あと、会社設立当初から、株主総会を
毎年開催し、議事録を作成し保管する。


また、定款も規模が大きくなったら、会社の
状況に応じて随時変更するなど、会社内外
からこの会社しっかりしていると信用して
もらうことが大事です。


議事録や定款の整備は、外部で資金調達する
際の資料にもなるので、しっかり整備する

ことを忘れないでください。



まとめ


はじめはこじんまりやろうと思っていたら
思わぬところで会社の規模を拡大したく
なった。


そのときに焦って取り組むと思わぬ漏れが
生じてしまいます。


会社設立段階で、何をしたらいいのかを
再度見直すことも大事ではないかと
思われます。


今回は
『ひとり株式会社 会社設立後に規模を
大きくしたい場合の注意点は?』

に関する内容でした。


参考書籍

税理士・公認会計士のための 起業コンサルティング実務入門

廣野清志 中央経済社 2016-03-10
売り上げランキング : 575207
by ヨメレバ
起業のファイナンス 増補改訂版 ベンチャーにとって一番大切なこと

磯崎 哲也 日本実業出版社 2015-01-16
売り上げランキング : 9162
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で