東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


私が会社設立で依頼を受ける場合の
多くは個人事業主から法人化するケース。


株式会社にしても合同会社にしても
定款が一番大事になります


それはひとり会社であっても変わりません。



会社設立 株式会社・合同会社のひとり会社の定款をどうするか?


株式会社にするか合同会社にするか


定款作成に先立ち、まず法人化するに
あたり、株式会社にするか合同会社に
するか考える必要
があります。


将来会社の規模をどうしたいのか、
どんなビジョンをもっているのか、
あなたのやりたい事業のことなど総合的に
判断して決めます。


こじんまりした事業で自分の代だけで
いいというのであれば、無理して株式会社
にしなくても合同会社でいいでしょう。


運営コストも株式会社と比べ安いですし、
合同会社がオススメです。


一方、最初は設立に費用はかけられないが、
事業を大きくして、人も雇いたいという
のであれば、初めから株式会社にすると
いいでしょう。


合同会社と比べ、設立費用がかかりますが、
信用面からでいうと、株式会社のほうが
高いといえます。


ひとりで会社を設立したい場合、将来を
見据えてどうしたいのかで株式会社、
合同会社を決めるといいでしょう。


定款をどういう内容にしていくのか?


株式会社の場合、最低でも株主総会と
取締役を置かないといけません。


あわせて、株式の譲渡制限を設ける必要が
あります。


上記事項と定款に必ず記載しなければ
ならない事項を組み合わせて定款を作成
することになります。


合同会社の場合も、定款の必要事項を記載
した上で定款を作ります。


ここで問題になるのは、
必要最低限のことしか定款に盛り込まないか

あるいは

ある程度の規定も盛り込んで定款を作成するか
ということ。


個人的意見ですが、
会社法の条文を経営者は見るとは限らないので、
ある程度これをみれば会社運営の法務上のことは
分かる内容の定款にする必要があるのでは

と思っています。


ただ、ひとりで会社を設立する時に
本当に必要最低限のことしか定款に盛り
込まない
という考えもあります。


そして、会社の規模が大きくなった時とかに
必要に応じて定款変更していけばいいのか
とも思っています。


ここで注意しておきたいことは、
会社設立後に定款変更をした場合は、
再度、定款を全文新しいものにしたほうが
いいでしょう。



まとめ


ひとりで会社を設立する場合、
会社の定款をどうするのか、その前に
会社設立の際、将来を見据えて考える
必要があります。


その上で、定款をどうするのかを考える
ことがひとり会社を作る上で大事に
なります。


今回は
『会社設立 株式会社・合同会社のひとり
会社の定款をどうするか?』

に関する内容でした。


参考書籍

合同会社のモデル定款―利用目的別8類型―

江頭 憲治郎 商事法務 2016-05-25
売り上げランキング : 176436
by ヨメレバ
会社法定款事例集―定款の作成及び認証、定款変更の実務詳解

田村 洋三 日本加除出版 2015-08-01
売り上げランキング : 107752
by ヨメレバ


日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で