東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

先日、とある法人の手続の際、官報を
手配しました。


そうすると時期柄か、決算公告を多く
見受けられました。


株式会社の経営者のあなた、毎年必ず
決算公告していますか?


決算公告は法律で義務付けられています!



中小企業の企業法務 株式会社の経営者のあなた 決算公告していますか?

官報で決算公告をみてわかったこととは?

決算公告は株式会社では必ずやらないと
いけないこと。


決算公告をしないと過料(=罰金)の
対象になります。


今は株式会社の数が多いので、
実際に過料がきたという会社は
ほとんどないようですが、
近い将来、決算公告をしないと、
過料が来るかもしれません。


意外と、決算公告が義務であることを
知らない株式会社の経営者(特に中小零細
企業の経営者)が多いので、注意して
ください。


実際に官報で決算公告を見てわかったこと。
それは、長年続いている会社は決算公告の
義務を果たしていること。


何十年に渡り会社を経営して、
決算公告義務を果たしている会社の多さに
驚かされます。


そこが長年続いていける会社なのかどうか
の境目の一つになるでしょう。


あなたの会社、きちんと決算公告を
していますか?


そもそもなぜ決算公告をしなければならないのか?


決算公告の意味。
それを理解していない経営者の方が
多いです。


決算公告をすることによって、
取引先や債権者、社会全体の信用を獲得し、
会社のイメージアップにもつながります。


「自分の会社、ひとり会社だし、知り合いの
会社だってやっていないから自分の会社も
決算公告をしていないから大丈夫。」


そう思っている経営者ほど、自分の会社の
今後のことを理解していないのです。


将来、大きな会社とおつきあいする機会が
出てきたとき、取引先はあなたの会社が
きちんとしているか調査します。


取引先だって会社内部がきちんとしている
会社とおつきあいしたいので、調査する
のは当然のこと。


そこで決算公告をしているか否かで、
他のライバル会社との差別化を図ることが
出来るのです。


コンプライアンスという言葉を聞いたこと
があるかと思います。


大会社だけで自分の会社はひとり会社だし
規模は小さいから関係ないと思った経営者
のあなた。


その発想が今の時代にあっていません。


小さい会社だって、立派な株式会社。
社会の一員である以上、コンプライアンス
が大事です!



まとめ

企業が生き延びる要因として、法律で
決められていることをきちんとやっている
ことが挙げられます。


決算公告、株式会社では必ずしなければ
ならない義務です。


そのことをきちんと押さえておき
ましょう!


今回は
『中小企業の企業法務 株式会社の経営者
のあなた 決算公告していますか?』

に関する内容でした。

 

参考書籍

⑧会社の計算<第2版> (【新・会社法実務問題シリーズ】)

金丸和弘,藤津康彦 中央経済社 2015-05-21
売り上げランキング : 296315
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で