東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。

はじめに

先日、とある番組で「睡眠負債」のことを
紹介していました。


実は私もチェックしたところ「睡眠負債」
の可能性が・・・


「睡眠」はこれからの日本の働き方で
大事な要素になると思い、今回紹介します。


中小零細企業の経営者も従業員も考え
なければならない問題だと思います。


睡眠の大切さ 効率よく仕事をするために経営者も従業員も考える必要が・・・


夜遅くまでがむしゃらに働く時代は終わった・・・

日本人は勤勉でよく働くと言われています。
それが仇になっているのが、がむしゃらに
働いている印象があります。


そのためか、日本の労働生産性は先進国で
最低レベルになっています。


これからの時代、「仕事の効率化」
求められています。


その一つで大事なのは「睡眠」なのです。


経営者も寝る間を惜しんで・・・

経営者は人の何倍働かなければいけない
寝る間を惜しんで働いてなんぼの世界と
いわれてきました。


確かに、一所懸命やらなければ利益も
出ないし、従業員にも迷惑がかかります。


ただ、寝る間を惜しんで仕事をすると、
かえって健康を害することになることは
ご存知でしょうか?


「睡眠不足」になると、様々な病気を
引き起こし、下手すると経営者が亡くなり
たちまり従業員を始め、周りの方々に
迷惑がかかってしまいます。


睡眠不足だと、かえって仕事の効率が
下がってくるという研究結果もあるよう
なので、起きている間にいかに仕事を
まわせるか、経営者の方はもっと真剣に
考える必要があるでしょう。


「睡眠」から従業員の福利厚生のための施策を考える

中小企業の場合、どうしても仕事がハード
になり、従業員の負担を強いることになり
ます。


ただ、従業員の人数が少ないことを逆手に
とり、働き方を変えてみることもいいと
思うのです。


従業員のニーズに合わせ、働く時間を
ずらしたり、フレックスタイムを導入
したりして、大企業では出来ないような
労働時間をつくる。


これも中小企業の差別化を図る上で
いいのではないかと思います。


従業員の睡眠時間を確保してあげるのも
これからの時代の経営者の役目といえる
でしょう。



まとめ

日本政府は「働き方改革」を提唱し、
様々な施策をしようとしています。


日本は効率よく仕事ができていないという
ことで、睡眠不足が原因で経済的損失も
あるとのデータも出ているようです。


中小企業の経営者の皆様
これから「睡眠」を意識した働き方を
してみてはいかがでしょか。


もしかしたら、会社の売上にも影響が
出るかもしれませんよ。


今回は
『睡眠の大切さ 効率よく仕事をするため
に経営者も従業員も考える必要が・・・』

に関する内容でした。


参考書籍

スタンフォード式 最高の睡眠

西野精治 サンマーク出版 2017-02-28
売り上げランキング : 97
by ヨメレバ
SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

ショーン・スティーブンソン ダイヤモンド社 2017-02-24
売り上げランキング : 855
by ヨメレバ

 

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で