東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


今回は会社設立・起業に関するお話。


最近は早期退職制度を利用したり、
定年後の余った時間を利用して、
シニア起業が流行っています。


税制面から法人化を考えている方も
多いでしょう。


しかし、会社を設立した以上、
社会的責任も伴うことをご存知ですか?


自分より多くの経験を有している方に
失礼になるかもしれませんが、
会社設立・起業する上で大事なことなので
書いていきます。



シニア起業 会社設立する際リスクを考えていますか?


会社を作った以上は自分のものではありません!


会社を作るということは、自分のもので
ある反面、社会全体のものになります。


個人事業主でやっていったが、
法人化したほうが税金が安くて済むから
法人化したい・・・
そう思っているシニア起業家のあなた。


そこで考えてほしいのは、
あなたの会社どのくらい続けるのですか?


そこを曖昧のまま会社を作ると、
あなたの家族(相続人)が迷惑をかけてしまう
更には従業員を雇っていれば従業員とその家族
取引先にも迷惑がかかってしまいます。


中小企業は事業承継問題に苦しんでいることをシニア起業家は理解すべき


現在、日本の中小企業の社長の平均年齢は
60歳くらい。


その中小企業が次の世代にどうバトンタッチ
するのかで苦慮されています。


最近のデータによると、
自分の代で終わらせたいと思っている社長が
半分近くいるようです。


あなたがこれから起業し、法人化するので
あれば、会社設立当初から事業承継のこと
を考えないといけません。


自分の代で終わらせたいとしても、
相続人が会社の後片付けをすることも
考える必要があります。

 

社会のために貢献するのであれば、仲間とともに行うべきでは?


あまり書きたくないですが、
シニア起業の問題点は「健康面」


一人で起業してもし自分の身になにか
あった場合、たちまちデッドロック
なってしまいます。


なので、リスク回避のためにも、
共同で会社を設立するのも1つの方法です。


私は、共同で起業することをあまり
オススメしていませんが、方向性が一緒で
じっくり会社経営のあり方を考えている
同志であれば、一緒にやってもいいかも
しれません。

まとめ


これから個人で事業をする方も多くなる
でしょう。


その上で、シニア起業も増え、法人化も
増えると予想しています。


シニア起業はある意味リスクを伴うことも
ありうることを起業段階で意識しておく
ことが大事になります。


今回は
『シニア起業 会社設立する際
リスクを考えていますか?』

に関する内容でした。


参考書籍

知識ゼロからの会社の継ぎ方・事業承継入門

真部 敏巳,河合 保弘 幻冬舎 2015-08-27
売り上げランキング : 445952
by ヨメレバ

 

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で