東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


2017年4月に東武新型特急「リバティ」が
登場します。


これに伴い4月21日より、東武スカイ
ツリーライン等がダイヤ改正となります。


今回は「リバティ」等特急をメインとした
ダイヤ改正の概要の発表でした。


通勤電車についてはダイヤ改正についての
概要は発表されていません。


その中で気になることを書いていきます。


2017年4月東武スカイツリーライン等ダイヤ改正!快速・区間快速の行方は?


東武鉄道の「快速」「区間快速」


快速・区間快速は日光・鬼怒川・会津
方面や埼玉北部・栃木南部の通勤・通学と
して利用されています。


車両は6050系、各車両2つドアのボックス
シート車で、2両編成です。


最大で6両編成を組み、新型特急
「リバティ」同様、途中駅での分割・
併合も可能です。


最大の魅力は、乗車券を購入すれば
別途特急料金がいらない。


なので、観光客にも多く利用されています。


ダイヤ改正のたびに「快速」「区間快速」が減らされていく・・・


「快速」「区間快速」は浅草発基準で
6時台から16時台まで概ね1時間に1本
の割合で運転されていました。


しかし、ダイヤ改正のたびに減便され、
現在は「快速」は浅草発基準で
6時台から9時台まで1時間間隔、
「区間快速」は10時台から16時台まで
2時間に1本とかなり少ないです。


ちなみに定期列車では、「快速」は
上りはありません。


車両の老朽化も問題


4月ダイヤ改正で「リバティ」が
会津田島まで4往復乗り入れる
ことに
なると、快速や区間快速に変わる可能性も
あります。


停車駅が鬼怒川線内や野岩鉄道線内等各駅
に止まるからです。


今快速や区間快速に使われている6050系も
老朽化が進んでいて、いずれは代替車が
必要となります。


代替車両が「リバティ」になるのか、
今のところでは不明です。

まとめ


平成29年1月28日の段階では、
4月のダイヤ改正で、快速や区間快速の
扱いがどうなるか不明です。


特急電車が増えても、料金不要で
いきたい方や、通勤通学で利用する方も
多いはず。


そのあたりのニーズも東武鉄道は
きちんと考えることが大事ではないかと
思います。


今回は
『2017年4月東武スカイツリーライン等
ダイヤ改正!快速・区間快速の行方は?』

に関する内容でした。
 

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で