東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


都営地下鉄浅草線。
現在は西馬込と押上を結んでいる
地下鉄です。


押上で京成、北総、芝山鉄道線と
泉岳寺で京急と相互直通運転している
地下鉄です。


実は都営浅草線が関東の私鉄で
はじめて民鉄(京成電鉄)と相互直通
運転を始めたのはご存知ですか?


都営浅草線が開業して60年、
様々なリニューアルを実施するようですが、
今回、車両をすべて新型車両にすると
発表されました。


都営浅草線に新型車両が発表!現在の車両を置き換え


新型車両5500形のコンセプトと外観は?


東京都交通局からの報道資料によると、
歌舞伎の隅取り風の外観に、和の落ち着き
を意識した内装にするとのこと。


日本らしさとスピード感が伝わる
コンセプトにするようです。


和とスピートの一体化
現代と伝統の一体化

いったところでしょうか?


現在の車両(5300形)と違うところは?


車椅子スペースやフリースペースを
全車両に設置するとのこと。


ドア上にはLCDもつけられるでしょう。


個人的に注目しているのが最高速度


現在の最高運転速度は110キロ。


なので、成田スカイアクセス線や
京浜急行の日中の快速特急には運用に
ついていません。


今度の新型車両5500形は、
最高速度が120キロになる

とのこと。


そうなると、都営浅草線線内の他、
成田スカイアクセス線にも運用をもつ
可能性があります。


個人的には、羽田空港・成田空港を
結んでいる路線なのだから、
クロスシートを兼ね備えた車両に
したほうがいい
と思います。


もしくはクロスシート&ロングシート
転換可能車両(東武50090系とか)
にすれば、長距離のお客様にも対応でき、
利用価値が高まると思います。


そこまでは東京都交通局は考えて
いませんか・・・


いつから新型車両が走るのか?


報道発表資料によると、5500形新型車両が
登場するのは、平成29年度のこと。


まだまだ先になりそうです。


ただ、その翌年には7編成登場する予定で、
順次5300形を置き換えるみたいです。


5300形は現在都営浅草線に27編成あり、
すぐに見納めということにはならない
でしょう。


ただ、5500形が登場すると、あっという間
に変わってしまいそうです。

まとめ


都営浅草線に20年ぶりに新型車両が
登場するとのことで、どんな車両に
なるのか楽しみです。


できれば、羽田・成田両空港を結ぶ
運用にも入ってほしいのですが・・・


参考書籍

都営地下鉄・都電・都バスのひみつ

PHP研究所 PHP研究所 2014-02-19
売り上げランキング : 450224
by ヨメレバ


参考記事

平成30年春、都営浅草線に新型車両「5500形」を導入します(東京都交通局ホームページ)

 

ブログに載せられなり実務の情報も満載!
日々の思っていることを書いている
「司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!」
メルマガ登録はこちらから!
   

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で