東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

時差Bizキャンペーン、平成29年7月25日
まで開催しています。


東京メトロ東西線等の臨時電車は21日を
もって終了しました。


私は、東京メトロ東西線の「時差Biz
トレイン」の臨時電車で通勤していました。


その感想を含め、今回書いていきます。



時差Bizキャンペーン ラッシュ前の通勤は気持ち的にも楽だから・・・


通勤快適!仕事の効率化が図れる!

私が乗車した電車は九段下始発。
なので、大手町から乗車してもガラガラ


その前の電車が中野始発のため、混雑
しているので、本当に通勤が楽です。


臨時電車でなく、通常ダイヤでも運転して
ほしいくらいです。


やっぱり混雑した中で通勤すると朝から
テンションが下がり、仕事の効率化も
図れません。


時差通勤の大切さを感じました。


鉄道会社は早朝にもっと電車を増発すべき!

朝の時間を有効活用したい。
そういうビジネスマンも増えています。


早く仕事場に向かい、そこで仕事をしたい、
カフェで1日の段取りを決めたり、自由に
時間を使いたい。


そう思っている方もいるでしょう。


なので、鉄道会社もそういうニーズに
あわせて5時台、6時台の電車をもっと
増発してほしい
です。


現状、早朝時間帯は本数が少なく、
結構混雑しています。


朝ラッシュの本数とまでは行かなくても
多く運転することで混雑緩和にもつながり
混雑による遅延防止にもつながる
でしょう。


ぜひ検討してほしいです。


会社も働き方の工夫を・・・

朝9時に業務開始、18時終了・・・
今までの勤務時間のやり方では時代に
合わなくなっていると思います。


となると、業態にもよりますが、仕事の
開始時間を早めたりすることも重要に
なるでしょう。


「働き方」飲みなおしは政府を始め、
企業にも投げかけている問題。
根本的なところから変えていかないと
いけないような気がします。



まとめ


ブログで書けませんでしたが、これから
の時代、路線で住む場所がきまると
思っています。


朝の通勤時間帯、どの路線が快適に
いけるのか、そこが判断基準になる時代に
突入しています。


鉄道会社の皆様、ぜひ早朝ダイヤで本数を
増やしていけるように対策をしてください。


企業も早朝出勤を奨励し、定時に帰宅
出来る体制、「働き方」を見直すことを
考えるべきです。


今回は
『時差Bizキャンペーン ラッシュ前の
通勤は気持ち的にも楽だから・・・』

に関する内容でした。


参考書籍

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

伊賀 泰代 ダイヤモンド社 2016-11-26
売り上げランキング : 399
by ヨメレバ
沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿 (SB新書)

首都圏鉄道路線研究会 SBクリエイティブ 2016-08-06
売り上げランキング : 10822
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で