東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


会社設立するのを迷っている起業家の
方が結構多いです。


会社設立すると節税になるのではないか
そう思っている方もいます。


このブログでも会社設立のメリット・
デメリットを紹介していますが、
再度紹介していきます。


会社設立 会社設立のメリット・デメリットを把握しておきましょう!


会社設立のメリットは何?


会社設立の主なメリットは以下のとおり
です。

  • 給与所得控除が受けられる
  • 消費税の納税義務が2事業年度免除される
  • 認められる経費が増える
  • 個人事業主と比べ信用度が高まる


やはり、会社設立に関して税制上の
メリットが大きいです。


個人的には法人にしたほうが給与所得の
優遇を受けられるのでメリットなのかと
思います。


特に消費税の免除は大きいです。


個人事業主で消費税の課税事業者に
なった場合、法人成りすれば、
一度リセットされ、2事業年度は消費税は
免除されます。
(一部例外があります)


ただ、税制面については、社会情勢に
よって変わってくることも大きいので
注視したほうがいいでしょう。


もう一つ注目なのは、法人の方が
社会に対する信用度が高まる
という点。


個人で仕事していると、相手からすると
ちょっと心配になることが多いのが現実。


株式会社なり合同会社なりにしておくと
社会的な器があり、個人と法人と別になる
ので、信用が高まるというメリットは
あります。


会社設立のデメリットは何?


会社設立の主なメリットは以下のとおり
です。

  • 赤字でも法人住民税(均等割)を支払う
  • 社会保険料の負担が生じる
  • 法人税の確定申告は、素人では難しい
  • 解散する際の手続きが面倒


社会保険料については、個人事業主でも
一定数の従業員がいれば、社会保険料は
支払う必要があるので、デメリットとは
言えないかもしれません。


ただ、法人化すれば、従業員が1名でも
いたら、社会保険料の支払い義務が生じる
ので、売上がない状態で法人化するのは
考えものです。


あと、売上が少ない状態ですぐに法人化
するのは、個人事業主と比べ、税制面の
メリットの恩恵を受けない
ことがあります。


設立する際は、きちんと法人化した場合と
個人事業主の場合とシュミレーションして
から判断すべきでしょう。



まとめ


法人化するということはそれだけ社会的
信用が高まります。


社会的信用が高まるということは、当然
社会的義務も生じるわけです。


法人化することが自分の事業にとって
メリットかどうか、考えてから法人化
するようにしてください。


今回は
『会社設立 会社設立のメリット・
デメリットを把握しておきましょう!』

に関する内容でした。

 


参考書籍


今回は下記の本の35~41ページを
参考にさせていただきました。

会社設立時の税務の話: 司法書士&行政書士に読んでほしい

山下 雄次,永渕 圭一,山田 美穂 日本法令 2016-03-15
売り上げランキング : 21128
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で