司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

江戸川区葛西駅前 会社設立専門司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の個人ブログ

Category: 司法書士 (page 2 of 11)

登記費用を安くできない理由~登録免許税・手数料 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


「もうちょっと費用を安くしてくれない
でしょうか?」


依頼者からいわれることがあります。


ただ、どうしても安くならないものが
あります。


それが法務局に支払う登録免許税や
役所に支払う手数料
です。

Continue reading

相続~これから変わるであろう相続法改正についてコンパクトにまとまっている本を紹介 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


民法の債権法分野(民法総則部分も含む)
の改正が国会で審議されています。


平成27年からは相続法分野における
改正法の検討が始まりました。


相続法分野の改正も債権法分野の改正と
同じく、あなたの生活に影響がでます。


相続法がどのように変わる予定なのか
コンパクトに書かれた本がありましたので
紹介します。

Continue reading

不動産登記 氏名変更と住所を移転していたときの登記手続きは? 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

「住宅ローンを返し終わったので、
自宅についていた抵当権を抹消したい。
実は登記簿に記載されている住所と
氏が異なっているのですが、
どのような手続きをすればいいですか?」


住宅ローンが完済するまでには結構な
時間を要します。


当然借り入れした時の住所と氏が、
返し終わった時と異なることもあり得ます。


住所や氏が変わった場合は、所有権登記
名義人の表示変更登記が必要ということを
以前ブログで書きました。


住所変更と氏が変わっていた場合、
どのような手続きをすればいいので
しょうか?

Continue reading

住宅ローン完済!抵当権を抹消したいが氏を変えていたときの登記手続きは? 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

「住宅ローンを返し終わったので、
自宅についていた抵当権を抹消したい。
実は登記簿に記載されている氏名は
婚姻前のものですが・・・」


住宅ローンが完済するまでには結構な
時間を要します。


当然借り入れした時の氏と、
返し終わった時の氏は異なることも
あり得ます。


抵当権抹消登記をするにあたり、
氏を変えておく必要はあるので
しょうか?

Continue reading

2017年 民法・不動産登記法の改正が熱い! 【司法書士・行政書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


新年明けましておめでとうございます!
本年もブログ共々よろしくお願い致します。


皆様にとって有益な情報をこれからも
発信し続けていきます。


さて、2017年、法律改正が目白押しの
予感



今回の民法改正などは私達の生活や実務でも
影響が出てくる分野です。


そこで、新年最初の「きりログ」では
2017年1月1日現在で民法等の法律改正で
分かっていることを紹介していきます。

Continue reading

相続税~基礎控除の引き下げで課税割合がどれだけ変わったのか? 【司法書士・行政書士の相続日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


平成27年1月より、相続税の基礎控除額
の引き下げが行われました。


国税庁から、「平成27年分の相続税の
申告状況について」の公表がされて
いました。


どのくらいの割合の方が相続税を納める
必要がでてきたのでしょうか?

Continue reading

贈与税~「相続時精算課税制度」について大まかに理解する 【司法書士・行政書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


前回は、贈与税の「暦年課税」について
触れました。


ざっくりまとめると、

  • 「特例贈与財産」と「一般贈与財産」とで税率が変わってくる。
  • 暦年課税の場合の基礎控除額は110万円。
  • 配偶者控除の場合、要件を満たせれば、2,000万円まで
  • みなし贈与に注意


です。


今回は、「相続時精算課税制度」の概略に
ついて書きます。


なお、具体的な贈与税の算定等については
税理士にご確認ください。

Continue reading

贈与税~「暦年課税」について大まかに理解する 【司法書士・行政書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


最近、私の事務所に贈与税について
相談されることがあります。


やはり、少しでも節税したいという
考えをお持ちの方が多いようです。


今回は「贈与税」、とりわけ「暦年課税」
について、基礎的なことを書きます。


なお、実際に贈与税がいくらかかるのかに
ついては税理士に確認していただく
必要があることをはじめにお断りして
おきます。

Continue reading

法務局~年末年始の業務はどうなっているのか?会社設立は要注意! 【司法書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


2016年も残すところあとわずか。


2017年正月早々に起業したいという方
もいるでしょう。


法務局は今年はいつまでで、
来年はいつから開始するかを確認すること
が大事です。


それによって、登記申請のタイミングが
変わってきます。


2016年の法務局はいつまで?2017年はいつから?


年末はいつまで法務局は申請を受け付けられるか?


毎年、法務局の御用納めは12月28日
です。


2016年12月28日は水曜日なので、
その日までは登記を受け付けてくれます。


12月29日以降は登記の申請を受理する
ことはできませんので、年明けまで待つ
ことになります。


新年はいつから登記申請が可能か?


新年は1月4日から開庁します。


2017年1月4日は水曜日なので、

その日から登記申請は可能です。


例えば会社設立登記を申請したい場合、
1月4日が会社設立日になります。


どうしても1月1日に会社設立したくても、
法務局が開いていない以上、その日を
会社設立日にすることができません。


会社設立については、登記を申請した日が
会社設立になることに注意してください。


なので、厳密に言うと正月三が日は
会社として機能していないということに
なります。


年末年始は登記申請から完了までに時間がかかる


どうしても年内に登記を申請したいという
要望が不動産・商業とも多いです。


なので、普段は登記を申請してから
完了まで1週間程度だったのが、
法務局によっては2週間かかることも
あります。


新年が明けるとまた3連休があるので、
そのあたりも考慮する必要があるでしょう。

写真 2015-06-23 14 03 31

まとめ


年内は12月28日まで、
年明けは1月4日からが法務局の業務と
なります。


あと、会社設立については、
1月1日に設立しても、登記できるのは
1月4日になり、設立年月日は1月4日に
なることに注意してください。


参考書籍

商業登記ハンドブック〔第3版〕

松井 信憲 商事法務 2015-05-20
売り上げランキング : 13474
by ヨメレバ

 

ブログに載せられなり実務の情報も満載!
日々の思っていることを書いている
「司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の日々を楽しく!」
メルマガ登録はこちらから!
   

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

「予防法務」これからは個人も法人も必須の時代に突入?【司法書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


何がおきてから対処すると選択肢が
狭まる。


もしくは無用な争いで疲弊してしまう。


最近個人相談を受けているともっと早い
段階で相談に来てもらえればと思う
案件が多いです。


これは個人だけではなく、法人にも
当てはまるのです。

Continue reading
Older posts Newer posts