司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

江戸川区葛西駅前 会社設立専門司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の個人ブログ

Category: 司法書士あれこれ (page 2 of 11)

相続登記(数次相続)の問題 遺産分割協議成立後に協議者が死亡した場合の対応は?(その2)【江戸川区葛西司法書士・行政書士の相続日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


前回のブログで
数次相続の概略について触れました。


今回は数次相続の続き。


数次相続で、中間の相続登記が省略できる
「単独相続」についての例を書いて
いきます。



相続登記(数次相続)の問題 遺産分割協議成立後に協議者が死亡した場合の対応は?(その2)


数字相続で中間の相続登記が省略できる「単独相続」の例


「単独相続」できる例は以下のとおり

 

  1. 中間の相続人が相続開始から1人だけの場合
  2. 中間の相続人は複数であったが、遺産分割により1人となった場合
  3. 中間の相続人は複数であったが、相続の放棄により1人となった場合
  4. 中間の相続人は複数であったが、特別受益者以外の相続人が1人となった場合


上記の例に共通しているのは、
中間の相続人が複数であったが、何らかの
事情で1名となった場合


中間者が相続人が1名となる事情があれば、
中間者が1名のときと結論が同じと
なるからです。


したがって、登記名義人である被相続人
から、直接に最終の相続人に相続登記を
する
ことができます。


中間が複数人である場合に直接1回で相続登記ができない理由は?


数次相続の原則は、第1の相続登記、
第2の相続登記(さらに、その後の相続が
開始していれば第3の相続登記)を順次
行います。


その理由はなぜでしょうか?


中間相続人が複数であると、中間相続人の
相続開始日及び相続人となるべき者が
異なる
からです。


例えば、登記名義人がA(平成20年
死亡)、Aの相続人はB・Cであったが、
Bは平成25年に、Cは平成26年に
それぞれ亡くなり、Bの相続人はD、
Cの相続人はEとします。


登記申請の流れは以下のとおりです。

  1. AからB・Cへの相続登記をする
    登記原因は「平成20年相続」

     
  2. BからDへの相続登記
    登記原因は「平成25年相続」

     
  3. CからEへの相続登記
    登記原因は「平成26年相続」


の3件申請することになります。



まとめ


「数次相続」については、中間相続人が
初めから1人のみならず、後日何らかの
事情で相続人複数から1人になった場合
でも、省略できます。


中間の相続登記が省略できない場合は、
順番に相続登記を行い、最終的に当該
不動産を所有するものに名義を変える
手続をします。


今回は
『相続登記(数次相続)の問題 遺産分割
協議成立後に協議者が死亡した場合の対応は?
(その2)』

に関する内容でした。


参考書籍

〔補訂版〕相続登記申請MEMO

青山 修 新日本法規出版 2016-07-27
売り上げランキング : 40308
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

相続登記(数次相続)の問題 遺産分割協議成立後に協議者が死亡した場合の対応は? (その1)【江戸川区葛西司法書士・行政書士の相続日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


先日、某支部の研修に行ってきました。


その時に、不動産登記で相続に関する論点が
紹介されていました。


数次相続のケースで、最初の相続の時
遺産分割協議で単独で相続することが
決まっていたが、その後協議者が死亡し
さらに一人になった場合の対応について
どう考えるかというものでした。


最近、裁判例や先例でも問題になったところ
なので、紹介しておきます。

Continue reading

相続登記 名義を共有にするとのちのちややこしい問題になりますよ!【江戸川区葛西司法書士・行政書士の相続日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

今回は相続に関する話


私の事務所では相続に関する相談を
多く受けております。


司法書士事務所という理由からか、
相続開始後の不動産名義を誰にするかと
いう相談が結構あります。


そのときに私がいうのは、
「不動産名義をよほどのことがない限り
共有名義にしてはいけない」

と言っています。


なぜ相続登記で共有名義にしては
いけないのでしょうか?

Continue reading

登記費用を安くできない理由~登録免許税・手数料 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


「もうちょっと費用を安くしてくれない
でしょうか?」


依頼者からいわれることがあります。


ただ、どうしても安くならないものが
あります。


それが法務局に支払う登録免許税や
役所に支払う手数料
です。

Continue reading

相続~これから変わるであろう相続法改正についてコンパクトにまとまっている本を紹介 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


民法の債権法分野(民法総則部分も含む)
の改正が国会で審議されています。


平成27年からは相続法分野における
改正法の検討が始まりました。


相続法分野の改正も債権法分野の改正と
同じく、あなたの生活に影響がでます。


相続法がどのように変わる予定なのか
コンパクトに書かれた本がありましたので
紹介します。

Continue reading

不動産登記 氏名変更と住所を移転していたときの登記手続きは? 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

「住宅ローンを返し終わったので、
自宅についていた抵当権を抹消したい。
実は登記簿に記載されている住所と
氏が異なっているのですが、
どのような手続きをすればいいですか?」


住宅ローンが完済するまでには結構な
時間を要します。


当然借り入れした時の住所と氏が、
返し終わった時と異なることもあり得ます。


住所や氏が変わった場合は、所有権登記
名義人の表示変更登記が必要ということを
以前ブログで書きました。


住所変更と氏が変わっていた場合、
どのような手続きをすればいいので
しょうか?

Continue reading

住宅ローン完済!抵当権を抹消したいが氏を変えていたときの登記手続きは? 【江戸川区葛西司法書士・行政書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

「住宅ローンを返し終わったので、
自宅についていた抵当権を抹消したい。
実は登記簿に記載されている氏名は
婚姻前のものですが・・・」


住宅ローンが完済するまでには結構な
時間を要します。


当然借り入れした時の氏と、
返し終わった時の氏は異なることも
あり得ます。


抵当権抹消登記をするにあたり、
氏を変えておく必要はあるので
しょうか?

Continue reading

2017年 民法・不動産登記法の改正が熱い! 【司法書士・行政書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


新年明けましておめでとうございます!
本年もブログ共々よろしくお願い致します。


皆様にとって有益な情報をこれからも
発信し続けていきます。


さて、2017年、法律改正が目白押しの
予感



今回の民法改正などは私達の生活や実務でも
影響が出てくる分野です。


そこで、新年最初の「きりログ」では
2017年1月1日現在で民法等の法律改正で
分かっていることを紹介していきます。

Continue reading

相続税~基礎控除の引き下げで課税割合がどれだけ変わったのか? 【司法書士・行政書士の相続日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


平成27年1月より、相続税の基礎控除額
の引き下げが行われました。


国税庁から、「平成27年分の相続税の
申告状況について」の公表がされて
いました。


どのくらいの割合の方が相続税を納める
必要がでてきたのでしょうか?

Continue reading

贈与税~「相続時精算課税制度」について大まかに理解する 【司法書士・行政書士の業務日記】

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに


前回は、贈与税の「暦年課税」について
触れました。


ざっくりまとめると、

  • 「特例贈与財産」と「一般贈与財産」とで税率が変わってくる。
  • 暦年課税の場合の基礎控除額は110万円。
  • 配偶者控除の場合、要件を満たせれば、2,000万円まで
  • みなし贈与に注意


です。


今回は、「相続時精算課税制度」の概略に
ついて書きます。


なお、具体的な贈与税の算定等については
税理士にご確認ください。

Continue reading
Older posts Newer posts