写真 2014-09-01 7 20 33★企業法務に携わるあなたには必携本

今回紹介する本は 「ビジネス常識としての法律」 (日本経済新聞社) 以前読書日記で紹介した 「会社法の仕組み」と同じ 文庫本サイズ。 「会社法の仕組み」を紹介した時のブログ でもこちらは文庫本と言いながら、 ページ数が300ページもあり、 ボリュームは多い。 ただ、企業法務に携わる方にとっては このくらいの概要は知っておかなければ ならない内容ではないだろうか。

★企業法務の法律はこれで網羅

ひとつひとつの法律は、当然カバーできない。 専門書や弁護士などの専門家を頼る必要が ある。 ただ、専門家と打ち合わせするに際し、 何も知らないと話についていけない。 概要を知れば、行き違いや言いたいことなど スムーズに物事を運ぶことができる。 法務部に所属していて、法律のことが ちょっとというのであれば、読んでおく必要が あろう。

★中小企業の経営者にもお薦め

この本は大会社向きに書かれている。 なので、中小企業の経営者が読むにはちょっと 大変かもしれない。 ただ、取引先が大会社だったりした場合、 仕事にかかわる法律を知っているのと知らないのでは 今後の経営にも影響が出るのは必至である。 読み物として、こんな法律があるんだという程度でも 中小企業の経営者は知っておくべきではないか。 専門書だと抵抗があるが、 この本だと文庫本サイズなので、気軽に読めるのが 魅力だろう。 大企業だけでなく、最近は中小企業でも コンプライアンスの要請が高まってきている。 この本では、会社と法律をどう向き合うかも 書いてあるので参考になるだろう。  

★この本の中身は?

先程も書いたが、法律の全体像を書いてあるので、 細かいことは、専門家等に聞かなければならない。 でも企業法務全体を網羅するには最適な本ではないか。 タイトルを挙げておくので、参考にしてほしい 1、会社は法律とどう向き合うか 2、法務部の組織と役割 3、組織に関する法律 4、人事・労務に関する法律 5、財産に関する法律 6、取引関係の法律 7、債権管理に関する法律 8、紛争防止と紛争処理

この記事が気に入ったら
いいね!をお願い致します。

Twitter で

Comments

comments