司法書士行政書士きりがやブログ(きりログ)

江戸川区葛西駅前 会社設立専門司法書士・行政書士桐ケ谷淳一の個人ブログ

Author: kiriadmin (page 1 of 134)

会社法・商業登記に関する研修講師をしてきました!みなし解散についての補足も!

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

平成28年は講師依頼がなかった・・・
平成29年になり、既に3つの講師依頼。


一つは平成29年5月に行政書士向けに
講師をしてきました。


平成29年7月のある日に、商業登記ついて
お話してきました。
(こちらの件についてはまた改めて
書ける段階になったら紹介します。)


そして、今回は平成29年7月25日、
東京司法書士会中野支部での研修講師。


テーマは近年の商業登記に関する改正。
今回のブログは、講師をした際の気づきと
みなし解散についての
補充を書きます

Continue reading

株式会社の役員任期 巷の定款の雛形のままの任期10年にしていませんか?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

株式会社を設立する時に、取締役や
監査役の任期を決めなければなりません。


ただ、最近はインターネット等で定款の
雛形を見ることができるため、何も考えず
に役員の任期を10年にしているところも
あります。


果たして、どんな形態や規模の会社でも
取締役等の任期は10年でいいのでしょうか。


なお、すべての株式について株式の譲渡
制限を設けている株式会社を前提として
書いていきます。

Continue reading

赤羽 住むにもスポーツするにも最適な街! 会社設立の際の本店所在地でも!

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

司法書士が語る街シリーズ。
今回は「赤羽」を取り上げます。


東京都北区赤羽。
荒川を渡ればもう埼玉県。


なので、赤羽という場所をあまり
良いイメージをもたない方も
いるでしょう。


しかし、個人的には、「赤羽」は通勤にも
住むところにも最適
です。


ここに会社の本店を持ってきても、
都心部より安く借りられるのでいいかも
しれません。


個人的に今は「赤羽」に注目です!
今回は個人的見解(私のイメージ)で
北区赤羽について書いていきます。

Continue reading

特例有限会社の監査役 あなたの会社ではきちんと機能していますか?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

さまざまな会社の定款を拝見する機会が
あります。
特例有限会社の場合の多くが雛形に
必要事項を埋めるだけ。


雛形定款にあるからといって、未だに
特例有限会社で全く機能していないのに
監査役を置いているところも。


監査役を置いている会社の経営者のあなた、
実際に監査役は機能していますか?

Continue reading

会社設立して10年 どれだけの会社が生き残っているのだろう?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

会社法が施行されて10年が経過しました。


平成18年5月から、非公開会社(株式譲渡
制限を設けている会社)の取締役や監査役
については、任期が最大で10年まで伸長
出来るようになりました。


そろそろ役員変更の時期になる会社も
多い頃です。


生き残っている会社は果たしてどれだけ
あるのでしょうか?

Continue reading

炭焼豚丼豚野郎 豚丼大にすると豚肉が花のような盛り付けに!

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

1,000円以下で味わえるコスパのいい
ランチを紹介するブログ。


今回は御茶ノ水にある人気店
「炭焼豚丼 豚野郎」


雑居ビルの3階にあり、ランチのときは
行列ができる有名店です。


ガッツリランチの店が多い御茶ノ水で
人気があるお店です。


やっぱり明治大学や日本大学、
駿台予備校があり、学生の街だから
なのでしょう。

Continue reading

時差Bizキャンペーン ラッシュ前の通勤は気持ち的にも楽だから・・・

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

時差Bizキャンペーン、平成29年7月25日
まで開催しています。


東京メトロ東西線等の臨時電車は21日を
もって終了しました。


私は、東京メトロ東西線の「時差Biz
トレイン」の臨時電車で通勤していました。


その感想を含め、今回書いていきます。

Continue reading

会社設立・法人設立 設立して2・3年後に意識することは?企業法務編

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

会社設立はインターネット等の雛形で
会社設立を自分なりにやってみた。

定款もひな形どおりで作ってみた。

会社経営も軌道に乗り始めたので
そろそろ人を雇ったりするにあたり
定款を見なおす必要があるのか?


そのような質問をいただくことがあります。


昨今設立して、軌道に乗らず廃業したり、
休眠状態にしている会社や法人が多い中、
2、3年続けられることは素晴らしいこと。


実はここからが大事になってくるのです。


社会保険等法人だと加入しなければ
ならないのは当たり前として、今回は
企業法務の面から紹介していきます。

Continue reading

LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略 あなたは今後どのように生きていきますか?  司法書士の読書日記2017年13冊目

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

人生100年といわれて久しい。
平均寿命が伸びていく世の中で「生き方」
を考える必要がある。


私も70歳で司法書士を引退し後はのんびり
過ごそう・・・
そのように思っていたが、今回紹介する本
を読んで改めて自分の人生観を考える
きっかけになった。


その本が
「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」
(東洋経済新報社)

である。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

リンダ グラットン,アンドリュー スコット 東洋経済新報社 2016-10-21
売り上げランキング : 25
by ヨメレバ


LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略 あなたは今後どのように生きていきますか?  


「今を生きる」うえで考える自分の人生設計

私は髙田明氏の「今を生きる」という
言葉が好き。


1日1日大切に生きていけば、自分が思い
描く人生が歩めるのではないかと考えて
いる。


となると、自分はどんなことをして人生を
歩んでいくか。
そのことを真剣に考えないといけない

思った。


今回、本書に出会えた価値はものすごく
大きかった。


人生3ステージだけではこれからの時代生きていけない?

「教育→仕事→引退」
今までの人生設計はこの3つに基づいて
考えられてきた。


21歳で大学を卒業し、60歳まで一生懸命
働き、退職して余生を過ごす。


資産もそこそこあれば3ステージで生きて
いけた。


しかし、これから100年の人生を考えると
そうは言えない。
絶えず自己成長をしていく必要があると
感じた。


つまり、自己投資していき、自分を成長
させ、有形無形を問わず資産を作り、
人生を謳歌していくことが重要


その上で体調維持のための運動も必要
なってきているとこの本で気づいた。


私の人生で70歳で司法書士引退などと
言えなくなっている気がしてきた。


それと私の場合はまだ独身であるが、
どのタイミングで彼女を作り結婚し、
子どもをもうけ、一緒に生きていくか
そこも考えないと・・・


これからの時代副業・独立開業がさらに増える?

多様な人生設計をする必要がある世の中に
なる
からこそ、これから起業が増えてくる
だろう。

 

この本を読んで気づいたところでも
ある。


一般企業に勤められて一生安泰という
時代はもう極端にいえば来ないだろう。


これからはある意味自分の人生を
自分で切り開く必要になってくる。
いつまでも会社におんぶにだっこの時代
ではないということに気付くだろう。


かりに企業に勤務しても、収入の観点から
副業もやらざるを得ない時代に突入する
かも知れない。


となると、企業支援をしている私も
そのような起業家をきちんと支援する
必要が生じてくる。


私はスモールビジネスが今後日本でも
増えてくるものと予想している。
そういうサポートをすることも必要に
なるだろう。


人生設計の本でありながら、
ビジネス構築のヒントにもなった。



まとめ

自分の人生は自分で切り開く。
ただ、平均寿命が伸びている世の中で
人生どう過ごすのかは考える必要がある。


今までの人生設計では、生きていくのが
難しい時代になってきた。
年金等での生活も難しいと私は思っている。


この本と出会って、自分の人生をどうする
のかを改めて考えさせられた内容である。


どの世代も問わずぜひ読んでいただきたい
本である。


「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」
(東洋経済新報社)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

リンダ グラットン,アンドリュー スコット 東洋経済新報社 2016-10-21
売り上げランキング : 25
by ヨメレバ

日々の自分の気づきをメルマガで紹介!
司法書士行政書士きりがやの人生楽しく!
~徒然なるままに・・・
メルマガ登録はこちらから!

 
メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
 

遺言書 遺言を書くと誰がハッピーになるのか?

東京都江戸川区葛西駅前
会社設立などの企業法務・相続専門
司法書士・行政書士の桐ケ谷淳一です。


はじめに

以前、公正証書遺言を書けば大丈夫だと
思っていないかという内容のブログを
書きました。


そもそもなぜ遺言を書かないと
いけないのかをしっかりやっておかないと
遺言を書く意味はありません。


そもそも自分の亡くなることを考えること
自体まだタブーの人も多いのも事実。


遺言を書けば誰がハッピーになるのか
その観点で今回は書いていきます


今まで似たり寄ったりの内容のブログに
なると思いますが、重要なことなので
繰り返し紹介します。

Continue reading
Older posts